★未来を生きる為に★BIGTOEの「筋トレが救った癌との命がけの戦い」

健康を自負していたボディビルダーに突然降って沸いた「ステージⅣ」の癌宣告。それも効く抗がん剤がない、放射線も効かない「腺様嚢胞癌(せんようのうほうがん)」という聞いたこともない稀少癌、しかも、気管内と言う悪条件で生き残る可能性は成功しても大きな後遺症が避けられない命を賭けた大手術のみ。 そんな現実に直面して思う人生あれこれ。 2019年1月「筋トレが救った癌との命がけの戦い~腺様嚢胞癌ステージ4からの生還~」という書籍に。アマゾン、楽天ブックス、体育とスポーツ出版社のホームページなどから購入できます。

タグ:#血液検査

《隠れがん患者は多い?》

がん宣告から3年半。

この間の私の経験から「隠れがん患者」は多いのだろうと思います。

 

がんを見つける検査である「造影CTでも怪しい影が見つかったら継続的に撮影して、例えば半年前と今の画像を比較してその間の変化から判定しますし、検査費用が高額なPET検査」でもがんがある程度大きくなり活性化してないと陽性にはなりません。

 

今回の私の転移判定も半年前のCTをよく見るとすでに写っていましたし、11月のCTの前に行ったPETでは陰性でしたから。つまり、CTPETでわかるときにはがんはある程度大きくなっている」ということなのです。

 CTKensa001

(※AGMCのホームページより)

https://agmc.hyogo.jp/

 

「血液検査」は私も何度も受けましたが「ステージⅣなのに腫瘍マーカーは正常」でした。血液検査に意味がないのではなく、がんであれば必ず数値が上がるとは限らないということです。

 

何が言いたいかと言うと、「検査で引っ掛かる、自覚症状が出たときはかなり進行している」「会社の健康診断レベルでひっかかった時にはかなり進行している」場合が多いということです。

 

自分では気がついていない「隠れがん患者」が相当数存在するのは間違いありません。ネガティブな事には目をつむりたい気持ちはわかりますが、私自身ががんを罹患してからの3年間に周囲でがん宣告されたという人は片手ではおさまりません。新型コロナウイルスに感染したという人はいません。

 

脅すわけではありませんが、他人事のように思っているあなたの体のどこかで秘かに芽を出して成長しているかも知れないのです。私の場合も、勤務先の健康診断は毎年受けていましたし、自覚症状もなく、ただ喉の違和感が長引き、娘に尻を叩かれて受診したら「いきなりステーキ」ならぬ「いきなりステージⅣ」のがん宣告でしたし、患者会の皆さんの体験談をうかがっても十数年前から違和感のような感覚があり、その間に数件の病院で受診していたにもかかわらずがんを宣告された時には進行していたという例が多いのです。

 

《早期発見のためには》

「対策」としては、わずかでも「違和感」を感じたら受診すること、そして少しでも疑いがあれば大手の専門病院で「がん検診」を受けることです。

 

《がんは治る時代!?》

「がんは治る病気」と言われる昨今ですが、あくまでも「早期発見できた初期のがん」です。悪性度の高いがん、腺様嚢胞癌のように治療法が確立されていない希少がんでは初期であっても「転移」、「再発」リスクは付きまといます。「完解」は難しいと思っていいでしょう。

《がんに対峙する心構え》

がんでは、心筋梗塞、脳梗塞、事故、怪我、地震などの自然災害、COVID019のような感染症などのように突然襲ってきて命を奪われることは希です。しかし、静かに時間をかけて進行し真綿で首を絞めるように命を奪っていきます。普段から暴飲、暴食、喫煙などを慎み、ストレスをためない生活をする、定期的健康診断を受ける。少しでもおかしいと感じたら精密検査を受ける、そして体力作りを習慣化しておくことが大事なことと思います。

 

そして、「不運にもがんになってしまった場合」、生きる為、罹患したがんを理解し、完解のための情報を集め、病院を探し、自分自身が納得のいく治療を決めることです。決めるのは医師ではありません。自分自身なのです。決めたら医師を信頼して前に進むだけです。そして覚悟を決め、「最悪でも死ぬだけでそれ以上のことはない」くらいに開き直ることではないでしょうか。もちろん無治療と言う選択もあります。

 mCT20201116003

これらは、万が一がんになったらの話なのですが、今や日本人の二人に一人は生涯でがんになり、三人に一人はがんで亡くなる時代なので実際には万が一ではないのです。

 

ストレスフルな世の中ですが、避けられるストレスは排除しましょう、そして、普段から心身ともに健康的な生活をして日常生活での運動を習慣化して体力、免疫力をつけておきましょう。筋肉貯金をしておきましょう!!

 AmaHt20210124001

さてと、生かされた人生に感謝しつつ精いっぱい生き切るために今日も筋トレで免疫力アップです!!今日は背中です。体力を付け心肺機能を向上させる目的で体幹部の大きな筋肉、背中と脚を重視しています。今日は背中、ワンハンドダンベルローイングです!!

今日は、退院後初、今年最後の外来受診でした。肺部分切除手術から12日目です。

 Kuise20201228003

右脇の下10㎝の手術痕、チューブ痕の痛みだけではなく、右側肋骨下半分がどう見ても腫れがあり重苦しい痛みを感じるので「これから正月を迎えるのに菌でもはいったのでは?」と不安に思っていたので、「切ってない肋骨の下半分あたりが痛むんです」と主治医に聞いてみました。

 

答えは明確。「ああ、そこは脇の下の切り口から内部をそのあたりまで切っているからですよ。」

 

「な~るほど、皮膚の下を切り進んだということですね。」地下鉄、トンネル工事のように入口(傷口)は小さく、深く見えない地下(皮下)を掘り進んでいたのですね。少しでも傷を小さくしようという配慮です。納得せなしゃーないやん。

 

「で、トレーニングはいつごろからしていいですか?」と聞くと「ストレッチくらいならいいけど、何をするんですか?」「チンニング、懸垂です!」「懸垂!?痛くて出来ないでしょう。痛みが取れるには1~2か月はかかると思いますよ。」

若い頃ならともかく、素直に従うことにしました。

 

年を取って丸くなった???

 

いえいえ、主治医先生が定年退職と言うことで、今回の入院時からお世話になりはじめた若い女医先生が今日から私の主治医になったからです!!()

 

真面目な話に戻りましょう。血液検査の結果、体に炎症がある時に増加するCRPの値が手術後、退院時に10.52だったのに比べ大幅に減少して0.21になっていること、胸部レントゲン写真も退院時よりも肺が膨らんでいることが確認されました。

 

CRP・・・「体内に炎症が起きたり、組織の一部が壊れたりした場合、血液中に蛋白質の一種であるC-リアクディブ・プロテイン=CRPが現われます。」

 

なにわともあれ、痛みはもう少し我慢しなければいけないものの、術後の経過は順調と言うことで、気持ちよく新しい年を迎えることが出来そうです。

↑このページのトップヘ