★未来を生きる為に★BIGTOEの「筋トレが救った癌との命がけの戦い」

健康を自負していたボディビルダーに突然降って沸いた「ステージⅣ」の癌宣告。それも効く抗がん剤がない、放射線も効かない「腺様嚢胞癌(せんようのうほうがん)」という聞いたこともない稀少癌、しかも、気管内と言う悪条件で生き残る可能性は成功しても大きな後遺症が避けられない命を賭けた大手術のみ。 そんな現実に直面して思う人生あれこれ。 2019年1月「筋トレが救った癌との命がけの戦い~腺様嚢胞癌ステージ4からの生還~」という書籍に。アマゾン、楽天ブックス、体育とスポーツ出版社のホームページなどから購入できます。

タグ:#公園筋トレ

2月が逃げて、去る3月の到来です。1都3県以外は、緊急事態宣言が解除されました!!・・・と言っても特に生活が変わるわけでもないのですが。

 

叔母が送ってくれた花の写真

 Kuise20210227003

Kuise20210227006

叔母が送ってくれた絵画

 Kuise20201121001


Kuise20201012016

叔母が送ってくれた手作りのお雛様の写真

桃の節句ですね!!

 Kuise20210203010

心が癒され幸せな気分になります。

 

昨年、今年と花粉はそこそこ飛んでいるようなのですが、ほとんど花粉症らしき症状は出ていません。

 

気管孔制作手術で鼻と口で息をすることがなくなったこととコロナでマスクが必須になったことの相乗効果でしょうか?

 

もっとも、医師によれば、私は胸の気管孔からウイルスや花粉が入らないようにガードすることが重要で、鼻、口では呼吸をしていないから「マスクはする必要なし!」とのことですし、気管孔は衣服の下でフィルターで覆われているので飛散の問題もないのですが、うっかりマスクをしないで出かけると睨まれるので人目を気にしてマスクをしています()

 

一昨年までなら眼鏡かけて帽子かぶってマスクしてコンビニに入ると怪しい奴だったのが今は普通。世の中、何が起こり、どう変わるかわかりませんね。

 Kuise20210216006

 (※公園に出没して懸垂をする帽子、眼鏡、マスク姿の怪しい男!!)



最強さてさて、明日は雨の予報です。晴れているうちにマスクして帽子かぶって、公園で日向ぼっこしながら筋トレで免疫力アップです!!
最強のがんサバイバー、ムキムキのがんサバイバー目指します!!

公園筋トレ、再スタートです。

 

寒さが峠を越し晴れた先日、近所の公園に出かけ試しに遊具にぶら下がってみましたが、右脇下の痛み、ツッパリ感なし!傷口への不安もなし!!術後は痛みはもちろん、脇がツッパリ右腕が上げらない状況でしたから、自宅でのストレッチ効果が出たかな。Anyway、ぶら下がりも出来るし日常のトレーニングに戻れそうです。

 Kuise20210210001

12月の手術前は継続的に血圧が高かったので、先日、手首で計測する血圧計を購入。トレーニング前後など日常的に計測を始めました。血圧を下げる効果が期待出来るという野菜ジュース、ビタミンCも始めました!!

 

今は、若い頃と比べるとやや高めかなというところで落ち着いていますが、手術前に高血圧が続いたのは一体何が原因だったのでしょう?。肺転移ということから来る精神的なものだったのかな?

 Kwtsuatsu20210206001

そして、肺転移で右肺の部分切除をしたのとコロナ渦ということもあり、オキシパルスメーターも購入し、トレーニング前後の血中酸素濃度の計測も始めました。亀田総合病院入院中には病室に私専用のパルスオキシメーターと太腕専用の血圧計を設置していただいておりリハビリの前後、自主リハビリ時に計測していたことを思い出したからです。

 OxMeter20210208001
(※ネットで日本製と書いてあったのを注文したのに来たのは中国製!!残念!!)
mKamedaOxMeter2017
(※病院で使っていたパルスオキシメーター)

春めいてきた陽光のもと、スギ花粉飛散に注意しながら筋トレでもっと体をいじめて筋量、筋力アップ、免疫アップを目指します!!

今年の初受診に行ってきました。胸部レントゲン撮影の後、頭頸部外科と呼吸器外科の受診です。

 Kuise20210118007

頭頸部外科では主治医K先生による気管孔の状況のチェックと先月の腺様嚢胞癌の肺転移巣切除を終えて今後どのような治療を希望するかの話し合いでした。

 

一般的な肺がん切除手術後には再発対策として抗がん剤治療に入ることが多いそうなのですが、腺様嚢胞癌に効果的な抗がん剤がない現状から当面は定期的な造影CT検査、PET検査で経過を観察して、再発、転移した時には何度も肺切除手術は出来ない為、さらに経過観察するのか、抗がん剤治療を試みるのかを検討することに。

 

加えて、今回の手術で切除した癌細胞の遺伝子検査をして今後オプチーボやキートルーダと言った免疫チェックポイント阻害剤を使うことが可能かどうかを検証してくださるそうです。

 

呼吸器外科は、今年からT女医先生による術後の経過についてです。胸部レントゲンでは肺に炎症もなく、しっかり膨らんでおり問題は無いとのこと、あばら骨下部の不快な痛みは、切開時に同時にそこを走っている神経も切れたり傷ついているためだそうで、時間の経過とともにある程度改善してくるが元には戻らないそうです。

 

余談ですが、手術入院前に何度血圧測定しても150前後-100以上と高くなっていたのですが、何故か術後は以前のように120-80に戻っていました。術後1か月余りが経過した今日も計測したのですが、149-102150-105と高い!!しばらく待って再度計測すると129-88。これは精神的なものなのか、はたまた女医先生になってドキドキ緊張していたのかわかりませんが、大事はなさそうで一安心して病院を後にしました。

 

寒さがひと段落したら公園筋トレで免疫力アップ!!

 

コロナが落ち着いたら友達と飲んで食って話して免疫力アップ!!といきたいですね!!

昨日の公園筋トレの結果期待通りの背中の筋肉痛を味わっています。

このレベルの筋肉痛は、2017年のがん切除手術後は初めてです。ボディビルダー現役時代はMになりきり、筋肉痛を楽しんだものですが、手術で呼吸形態が変わり、骨と筋肉切除もあり、なかなか筋肉痛が出るようなトレーニングは出来ないでいました。

重量を扱えないので、もっぱら下半身は自重、上半身は軽重量、チューブでの負荷でトレーニングをしてきました。骨がないため全体重がかかるチンニングは避けていたのですがなんとかなりそうです。ちゃんと背中に筋肉痛が来ています。

しかも、翌日朝から!!まだまだ、若い!!
これからは週に2回くらいは公園トレーニングを取り入れます。超気持ちいいです!!

sAmaBody20201106A

↑このページのトップヘ