★未来を生きる為に★BIGTOEの「筋トレが救った癌との命がけの戦い」

健康を自負していたボディビルダーに突然降って沸いた「ステージⅣ」の癌宣告。それも効く抗がん剤がない、放射線も効かない「腺様嚢胞癌(せんようのうほうがん)」という聞いたこともない稀少癌、しかも、気管内と言う悪条件で生き残る可能性は成功しても大きな後遺症が避けられない命を賭けた大手術のみ。 そんな現実に直面して思う人生あれこれ。 2019年1月「筋トレが救った癌との命がけの戦い~腺様嚢胞癌ステージ4からの生還~」という書籍に。アマゾン、楽天ブックス、体育とスポーツ出版社のホームページなどから購入できます。

タグ:#ボディビルダー

かつてユタ州プロボに住んでいたころ末日聖人イエスキリスト教教会での牧師さんの言葉。「10歳の少年が雷に打たれて亡くなりました。人々は何故こんなことに、神様は居ないのかと嘆きましたが、少年の父親は「神様、今日まで彼を生かせてくれてありがとう、家族との幸せな日々をありがとう、感謝します。」と話したそうです。」

 

人間、同じ状況にあってもとらえ方によって真逆の気持ちになるということです。

 

「どんな体になろうとも、その体で奇跡を起こす。」これは親友のボディガーが私に話した言葉です。「失うものが大きくても生きてください。そして、10年後、20年後にも一緒に笑って食事をしましょう。」これは親友ゼウスの言葉です。これらが、生きる為に手術を受け、生きる為に前に進む大きなパワーになりました。

Offkai2019113

(※退院後の20191月「筋肉オフ会The Final」で・・・左よりゼウス、BIGTOE、ボディガー)

 

「手術をうけてボロボロの体になるのなら死んだほうがましだ。」とも腺様嚢胞癌摘出手術を受ける前に一時思いました。鍛えた体をプライドにして生きていた人間が通常の呼吸を、骨を、ボディビルダーの証である筋肉を失うのです。しかし、彼らの言葉で考えをポジティブに変えることが出来ました。

 

人間必ずいつか死にます。鍛えた筋肉も老化と共に衰えていきます。「この世で生きることが大切なんだ。ならば鍛えてきた筋肉を生きる為に有効に使って戦おう。どうせ戦うなら弱い相手よりも強敵の方が希少な方が戦い甲斐があるし、話題性もある。」と変わったのです。

Kamogawa20180825003

(※千葉県鴨川市で療養中のサーファー看護師さんたちとのひとこま)

 

もう一つ大切なのは、「どんな状況でもその中で楽しむ気持ちを持つ!!」ことです。長期の入院生活は、体力、気力も萎えてきます。入院、手術などまっぴらだと思っていました。でも「入院でもしなければ、この歳で若い女性(看護師さん)と出会い優しくしてもらえることはない。」。「動ける状況なら恥ずかしいと思うことも動けない状況ではそんなことは言っていられないので身を任せるしかない。」開き直って楽しむことにしました。

 

入院中に何度も経験した呼吸困難の状況下でドクターの鬼気迫る処置にはもちろん感謝ですが、その間、手を握って「大丈夫!!もう少しの辛抱よ!!」と励ましてくれた看護師さんには感謝以外にありません!!

 

昨年末の肺の転移巣手術後に主治医が若い女性に変わりました。受診が楽しみになりました()

 

どんな状況であってもその状況を受け入れ楽しむことは大切だと思います。

 

ではでは、生かされた人生に感謝しつつ精いっぱい生き切るために、今日も今の体で、状況で出来る筋トレをして免疫力アップです!!

昨日の「さんま御殿」で横川尚隆君が出演して「生の鳥の胸肉とご飯をミキサーで混ぜて飲んだらお腹を下し、病院に駆け込み医師にそのまま話したら「あなた正気ですか?」」と言われたという話をしていました。

 

かつては、マッスル北村くんが、生の鳥のささみと水道水をミキサーで混ぜてバニラエッセンスで味付けして飲むという武勇伝?を思い出しました。。

 

思えば、今のようにサプリメントが豊富でなかった時代のビルダーは食に関する伝説がありましたね。

 

小山裕史さんの1日に鯖缶15缶、納豆15袋、パセリどんぶり1杯伝説(挑戦しましたが半分も無理!!)、

石井直方さんの朝からプロセスチーズ400g伝説(口の中がくちゃくちゃしてとても無理!!)、

西脇清明さんの鶏まるごと2羽伝説(可哀そう!!で無理!!)、

臼井修さんの焼肉食べ放題体重5kg増伝説(胃の柔軟性がないと無理!!)、

岩間勧さんの110000キロカロリー伝説(成人病になりそうで無理!!)、

須藤孝三さんの松坂牛2kg伝説(財布の方が悲鳴をあげます!!)、

杉田茂さんの金魚のえさ伝説、マッスル北村さんのドッグフード伝説!!(まずそうで無理!!)

 

いずれも日本のボディビル界に大きな足跡を残した偉大なボディビルダーたちです。

 

横川君の今後の活躍に期待です!!

 ToeYokogawaAizawa2017

※月刊ボディビルディングの取材でボディビル界の宝、横川尚隆君、相澤隼人くんと。思えば、この数か月後に私は入院してました()

↑このページのトップヘ