★未来を生きる為に★BIGTOEの「筋トレが救った癌との命がけの戦い」

健康を自負していたボディビルダーに突然降って沸いた「ステージⅣ」の癌宣告。それも効く抗がん剤がない、放射線も効かない「腺様嚢胞癌(せんようのうほうがん)」という聞いたこともない稀少癌、しかも、気管内と言う悪条件で生き残る可能性は成功しても大きな後遺症が避けられない命を賭けた大手術のみ。 そんな現実に直面して思う人生あれこれ。 2019年1月「筋トレが救った癌との命がけの戦い~腺様嚢胞癌ステージ4からの生還~」という書籍に。アマゾン、楽天ブックス、体育とスポーツ出版社のホームページなどから購入できます。

タグ:#コロナ禍

今日、同じ気管腺様嚢胞癌のか~ささんが天国に旅立って3か月が経過しました。

 

手術で完全切除出来ても放射線で一時的に進行を抑えられても再発、転移率が高いうえ、そうなった場合、現状では効果が期待できる抗がん剤がなく八方塞がりの状況になるのがこの癌。医師が打つ手がないのですから私たちはただ祈り、見守るしかないのです。同じ癌を罹患しながらも生きている私たちに出来る事は自分たちが長く生きる事。それしかありません。か~ささん、天国で笑って過ごしてくださいね!!
2018.04.27.TeamACCCafe002ToeYukiRinaHama


 Kuise20210406004

今日、東京八王子からフィットネスジム「ジョイフルタイム西八王子」の山崎さんが6時間近くかけてバイクで会いに来てくれました。山崎さんとは「多摩ジム」で出会って以来のお付き合いで関西に戻ってきた今も親しくしていただいています。

 

話は、当然トレーニングのこと。コロナ禍でのジムのこと、最近の多様化してきたフィットネス界のこと、コロナや癌など健康のこと。今後何が起きてもおかしくないだろうこと。そんな中で人生に悔いを残さないようにいかに生くべきかなどの話に花を咲かせました。

 

もちろん、コロナ禍を意識して公園のベンチでマスクをしての会話です。

 Kuise202104060007

大阪、兵庫県ではマンボウが発出されていますが、収束に向けて期待できるのは、外国頼みのワクチンしかないのでしょう。早く気の合う仲間と気兼ねなく会えるようになりますように!!

 Kuise20210406005

山﨑さん、本当にありがとうございました!!

2017年9月12日、千葉県鴨川市の亀田総合病院で気管腺様嚢胞癌の切除手術を受けて今日で3年半。
kameda20170922051

2017年、2018年亀田総合病院、2019年、2020年尼崎総合医療センターと4年連続の入院記録更新中。

肺転移もすでに起きていますが、取れるものは取る、筋トレは出来る事を続けて体力、免疫力を高めるとの方針のもと、3年半の時間を生かしていただきました。

ドクター、看護師さん、家族、友人たち、支えてくださったすべてに感謝です。
sOpe20172020a

障害で勤務先はリタイアせざるを得ませんでしたが、時間は充分に与えられたのでかなり充実した3年半を過ごせました。コロナ禍という誰もが予想もしなかった事態は、1年後、2年後が読めない私たちがん患者にとっても大きな足かせになっています。

そんな中でも、こうしてこの世でやるべきことをひとつひとつ出来ている自分は幸せです。ついています!!
Kuise20210216010

そして、今は月ボの連載を書きながら、筋トレをしながら経過観察中!!

5月に12月の肺転移巣摘出手術以来初の造影CT検査が待っていますが、多分、大丈夫!きっと、大丈夫!!

いつまでこの世で生きるのかは分からないけれど、この調子で1年1年積み上げて生きマッスル!!
sAmaBodyBack20210223D

2月が逃げて、去る3月の到来です。1都3県以外は、緊急事態宣言が解除されました!!・・・と言っても特に生活が変わるわけでもないのですが。

 

叔母が送ってくれた花の写真

 Kuise20210227003

Kuise20210227006

叔母が送ってくれた絵画

 Kuise20201121001


Kuise20201012016

叔母が送ってくれた手作りのお雛様の写真

桃の節句ですね!!

 Kuise20210203010

心が癒され幸せな気分になります。

 

昨年、今年と花粉はそこそこ飛んでいるようなのですが、ほとんど花粉症らしき症状は出ていません。

 

気管孔制作手術で鼻と口で息をすることがなくなったこととコロナでマスクが必須になったことの相乗効果でしょうか?

 

もっとも、医師によれば、私は胸の気管孔からウイルスや花粉が入らないようにガードすることが重要で、鼻、口では呼吸をしていないから「マスクはする必要なし!」とのことですし、気管孔は衣服の下でフィルターで覆われているので飛散の問題もないのですが、うっかりマスクをしないで出かけると睨まれるので人目を気にしてマスクをしています()

 

一昨年までなら眼鏡かけて帽子かぶってマスクしてコンビニに入ると怪しい奴だったのが今は普通。世の中、何が起こり、どう変わるかわかりませんね。

 Kuise20210216006

 (※公園に出没して懸垂をする帽子、眼鏡、マスク姿の怪しい男!!)



最強さてさて、明日は雨の予報です。晴れているうちにマスクして帽子かぶって、公園で日向ぼっこしながら筋トレで免疫力アップです!!
最強のがんサバイバー、ムキムキのがんサバイバー目指します!!

今日で肺転移巣切除手術から1か月が経過しました。なるほど、手術痕の痛みを意識することはほぼなくなりましたが、皮下を切っているというあばら骨の下部あたりのツッパリ痛は健在です。

 

ただでさえコロナ渦、しかも手術を受けて運動量が激減!!流石にこれはまずいと年明けから手術とは直接関係がない下半身の筋トレは再開しました。

 

大腿部、尻狙いのブルガリアンスクワットと第二の心臓と言われ血液循環を良くするためにも欠かせないカーフレイズです。

 Kuise20210115005

そして、術後、1か月とキリがいいところで、上半身のトレーニングの再開です。まず、公園に行ってブルガリアンスクワットのあと遊具を使ってのストレッチ。そして、思い切ってチンニング!!これは流石に右腕が上げ辛いのと脇下のツッパリ感で断念。そこで帰宅後にワンハンドダンベルローイング。これは大丈夫でした。

 Kuise20210115011

緊急事態宣言最中ということもあるのか、公園は完全貸し切り状態。あせらず、あわてずマイペースで体力回復に努めたいと思います。

 

加えて、手術3日前から控えていたお酒!!1か月以上、口にしていません。断酒は2017年~2018年、亀田総合病院入院中以来です。こんな事でもない限り断酒が出来ないのには困ったものですが、飲みたいのを我慢するストレスの方が恐いのでまず180ml酒から再開です!!

 Kuise20210115016

飲めるのも生きているうちですから・・・

 

美味い!!

↑このページのトップヘ