今日は運転免許証更新の日ですが、全国的に雨模様。ここ鴨川も朝から激しい雨が地面に叩きつけるように降っています。

そんな中、タクシーで免許更新の講習を受けてきました。今まで住んでいた自治体での免許更新は持参した写真は書類に貼るもので、免許証の写真はその場で撮影する一発勝負のカラー写真という認識だったので白黒の写真を提出しました。そして、講習が終わって、その直後に免許証を受け取って帰ってくださいとのこと。「おい待てよ。写真撮影してないやん。」と思っていると手渡された免許証にその白黒写真が!!そうとわかっていたらカラーのもっと男前の写真を提出したのに。後の祭りでした。

まあ、済んだことは仕方がない。どうせ、今日を以て会社は退職だし、乗るかどうかわからないからね。しかし、せめて
5年後の次の更新の日はもっと元気な状態で迎えたいものです。今回、こうして免許更新出来たことを幸せだと思おう!!
s-Kamogawa20180620003

あっ、そうです。今までは休職中ということでしたが、今日をもって勤務先を正式に退職することになりました。思い起こせば1年前の今日、娘に尻を叩かれて近所の耳鼻咽喉科を訪れたのが、気管に出来た腺様嚢胞癌との戦いの始まりでした。効く抗がん剤がない、放射線も効果が期待できない、重粒子線も使えない、効果が期待できる遺伝子治療、免疫療法を模索している時間の猶予もない。そして、親友から紹介されたふたりのスーパードクターK医師、N医師でさえ、手術をするにしても範囲が広くぎりぎりの段階でこのまま放置すれば3カ月くらいで癌で気管が詰り窒息する。そんな現実を突きつけられて、絶対に体にメスは入れないというそれまでの考えを180度変えて生きることを選びました。そして早や1年が経過したことになります。手術後、半年におよぶ入院生活を終え退院して、只今、第2ラウンド真っ只中です。最初に宣告を受けた防衛医大病院の医師は5年後の生存率は40%に満たないと言っていた記憶がありますから、5年後の免許更新は是が非でも実現したいものです!!

今は、気管孔の狭窄と再発、転移の経過観察中で、治療の中心は手術によって硬化した胸、首のリハビリ、上がらなくなった肩の機能回復が主になっています。時間がかかることはわかっていますが、注射、マッサージなどのリハビリでは今のところ大きな効果が得られない状況です。昨日は、スポーツ医学のH医師の診察でしたが、「しばらくの間、自身でのストレッチ、運動を試みてみたい。」との旨を伝えました。関西に戻るまでにせめて日常生活が人並みに出来るように機能回復したいものです。そして、筋トレも・・・。往生際悪く、まだ、言うてます((笑)。

s-Kamogawa20180620001