我が家が埼玉からここ鴨川に移住した日に開幕。12日退院後から自宅療養中の楽しみとして観戦していたピョンチャンオリンピックが閉幕しました。

日本の若いアスリートたち捨てたもんじゅあない、いやいや本当に素晴らしいですね。冬季五輪以外でも、卓球しかり、マラソンしかり。記録やレベルというものは、時の経過とともに破られるもの、伸びていくもの、向上していくものですが、人間には限界があります。例えば、
100m走や、ウエイトリフティングのようなフィジカルパワーがものをいう競技では、今以上の伸びしろがあまり期待できないでしょうが、フィギアスケート、体操、卓球といったような体力+総合的なテクニック+芸術点で競う競技では、人間の限界はどこにあるのだろうと思ってしましますね。

フィギアスケートの羽生君、宇野君、スノーボードの平野君、卓球の張本君、スポーツではないけれど将棋の藤井君、かって新人類という言葉が流行りましたが、まさに持っているものが違う新人類という気がします。

s-kameda20180226001

自身の現実に戻って・・・

今日は「気管孔の体で花粉症はどうなるのか?ひょっとしたら無くなるのではないか?」という期待は見事に裏切られました。家内と近所まで食事と買い物に出かけたのですが、目はうるうるして、目頭は痒いし、鼻水は川の流れのごとく垂れ流しでマスクの中はぐしゅぐしゅ、鼻がむず痒いのでくしゃみをすれば、口、鼻からではなく気管孔から思いきり咳き込むように空気が噴き出すので胸が痛い!さんざんでした。いらいらしてきて家内にはあたるしね。あきまへん。人間出来ていません。
s-kameda20180226003

去年使っていた花粉症の薬は使うと気管孔にどんな影響があるかわからないしね。まったく困った体になったものです。
s-kameda20180226007

まあ、生きてる証拠かな。生きてるだけで丸儲けと行きましょう!