楽しみにしていた、自分としては使い果たしてきた感のある体力回復のために当てようともくろんでいた一時退院が延びたのはがっかりですが、ここ2日ほど体調が思わしくないのも、気管孔の痛み、回復が思わしくないのも事実。この不安を抱えた状態で自然界に解き放たれても生きていけないかもしれません。きちんと体調を整えてから出直そうと思います。

今日、日曜日は、午前中にドクターTが、午後からは学会出席で病院を離れておられた主治医のドクターNが回診に来てくださいました。

そして、気管孔の処置、気管孔を大胸筋に縫い付けていた糸の抜糸をしていかれました。

しかし、ドクターの手際よい処置は、痛さも伴います。

注射が嫌い、血が苦手な「びびりんちょ」の私にとっては、赤く出血した気管孔を見るのも、痛みも嫌いです。二人のドクター回診のあとしばらく「グROCKY状態」でした。ああ、しんどかった!!

でもよくよく、考えれば、処置を行っているのは、ドクターで、私は仰向けにベッドに寝て耐えているだけ、何もしていません。でも、どっと疲れるのはビビリだからでしょうか(笑)。

本当なら、今日は退院して家族と一時退院祝いでもしている予定だったのですが、朝から、点滴4回、吸入3回、回診2回という想定外の1日でした。昨日からお迎えに来てくれていた家内も付き合ってくれているので寂しくはないのですが。
s-kameda20171028006

「No pain, No gain!!」痛みのないとことに発達はない!!

回復も同じですね。may be!!

痛み耐えてこそ回復は早まる!!お蔭様で今は痛みは治まり、ここ2日続いていた息苦しさは収まっています。

これからは、回復への道一直線だと信じます!!
s-kameda20171029001
娑婆はハローウインなんですねえ!!ここ、亀田総合病院のラウンジ入り口にもハローウインの飾りが!!