チームBIG TOEシルバー武内長老の電話での「精神世界」の話です。人間は人生の中において色々な体験、経験をして「魂の成長」させる為に肉体を持って生まれてくるそうです。

そして、意外と思われるかもしれませんが、魂のレベルは体に障害をもった人の方が圧倒的に高いそうです。
sZeusAndSilver

私は、今まで大きな命にかかわるような大きな病気や怪我もせずに今日まで来ました。子供のころは、アトピーもあり、胃腸が弱くしょっちゅう下痢をして体が弱かったのですが、ボディビルに出会い鍛錬を重ねることでその肉体は強くなり、胃腸も強化され、お腹を壊すこともなくなりました。アトピーも克服しました。風邪もめったにひかなくなりました。

それどころか、ある程度素質にも恵まれていたのでしょう。人よりも少し鍛錬は積んだのでしょうが、血の小便を出すほどではありませんでしたが、ミスター大阪、ミスター関西、ミスター岡山というタイトルをいただけました。運もあったと思います。

武内長老によると、今までの私は「肉体的強者の人生」だったようです。しかし、癌と戦う手術をすることで「肉体的弱者の人生」に挑むことになります。

分かりやすく言うと、これからは新しい障害を持った人間に生まれ変わることで、「肉体の筋肉」を鍛えることから「魂の筋肉」を鍛えることになるのです。

その通りだと思います。
sTgSilver161012c
(※武内長老は、60代で心臓手術をされ、胸骨は金属で止められています。しかし、75歳の現在、60kgのベンチプレス10回を軽く行います!!素晴らしい目標です。)

全日本プロレスのゼウスの言葉です、「人間というのは、五体満足である人ほど、言い訳や文句ばかり言って頑張ろうとしない、努力をしない。彼らを見ていると腹がたつ。不幸にも障害を持って生まれたり、事故や病気で障害を持った人ほど頑張って努力する。」
zeusbigtoe2011byshaga1

ボディガーから聞きました。プロレスラーたちは、毎試合、リングに向かう前に歯を磨き、祈るそうです。試合では何が起こるかわからない、ひとつ間違えば、いつ命を落とすかわからない。まさに、毎試合、毎試合が命がけなのです。

私も命がけで9月12日に戦います!!
m2017ZennihonPro264

癌切除手術まであと16日!!