【手術後出来なくなること】

●気管を切除し、胸の中央に鼻に変わる気管孔を作り、その孔から呼吸をすることになります。

【その結果・・・】


①風呂に入れなくなります。
夏なら1日に朝晩はする行為が出来なくなります。大好きな温泉に行けなくなります。
胸にぽっかり空いた気管孔の中は孔から即気管、肺へと続きます。もし、この穴から水が入ろうものなら即溺れて死んでしまうのです。
※そこで対策としては
⇒前掛け、ベントオーバーの姿勢などで水が気管孔に入らないように注意してシャワーを浴びる。
⇒下半身だけ浸かって、上半身は拭く?でしょうか?

②同様の危険がある水泳、釣りなどの川、海でのレジャーも出来ません。
若いころは毎週末、普通に行っていたことが出来なくなります。


③臭覚がなくなる。
気管が鼻、口につながっていないので、息を吸ったり、吐いたりが出来ません。息を鼻から吸えないので臭いがわからなくなります。
彼女の髪のいい香り、花のいい香り、お料理の美味しそうな香りがわからなくなります。悲しいです。
ガス漏れしてても、食べ物が腐っていても臭いがわからないので気がつかなくなります。

☆(かすかな希望)食道が残せれば、食道発声法訓練により復活可能かもしれません。

④鼻をかめなくなる。
息を鼻から吸ったり吐いたり出来ないので鼻がかめなくなります。

☆(かすかな希望)食道が残せれば、食道発声法訓練により復活可能かもしれません。

⑤息を吹く・食べ物を冷ます・蝋燭を消すなどが出来なくなります。
☆(かすかな希望)食道が残せれば、食道発声法訓練により復活可能かもしれません。

⑥うどんやスープをすすることが出来なくなる。
皆さん、物を食べるとき意識してしてください。口元でフッと吸い込んでいることがわかります。

☆(かすかな希望)食道が残せれば、食道発声法訓練により復活可能かもしれません。
sGmen150904003


●喉頭部、甲状腺、声帯っを切除します。
【その結果・・・】

⑦声を出せなくなる。(話せない、歌を歌えない)
人間のコミュニケーッション手段でもっとも大事なことが出来なくなるのです。
私の仕事は営業です。
スタッド溶接機、スタッドボルト、クリンチングファスナーなどを販売しています。声が出せなければ商品説明が出来なくなるので職種を変えなければ生活の糧を得ることが出来なくなります。

☆(考えられる対応策)
⇒筆談、ジェスチャー、言葉ボード、カード、合図(パーフーパーフー)
 代理電話(オレンジカード)
⇒電気発声法・・・よくわかりません。
⇒食道発声法・・・食道が残せ、訓練すれば、臭覚が戻り、すすりこみ、鼻かみが可能になるかも?
Guiter170226 002


⑧呼吸形態が変わってしまうため、息んだり、重量物を持ったり出来なくなります。
30kgある溶接機を車に積んで、工場に持ち込み、デモンストレーションをすることが出来なくなります。職変えをしなければなりません。
私のライフワーク、生き甲斐でもある筋力トレーニングも厳しいでしょう。手術で鎖骨、胸骨、肋骨を取ってしまうというからなおさらです
ht170808 006


その他、術後、注意しなければならないこととして・・・
①食事については、肉・刺身・たこ・いか・噛み切りにくいもの、大きな塊はつかえることがあるでしょうから慎重にゆっくり噛んで食べなければならないでしょう。麺類、スープのすすりこみ、スープを冷ますことが出来ないので火傷や喉につめないようにしなければなりませんね。

まだまだ、注意することがありそうです。
○吸い込む空気の湿度不足で痰がかたくなる。
○痰の量が多くなる。
○ごみが入りやすくなる。
○気管孔に水を入れない。
○気管孔のケア。清潔に保つ。
○ガス漏れ、腐敗物に注意。
○気管孔のサイズが小さくなることがある。

ちょっと考えただけでこれだけ出てきました。

まだまだ、疑問が出てくるでしょう。

○うがいは出来るの?
○いびきはどうなるの?
○花粉症は?

しかし、残された体で、機能で、可能なことは挑戦しますよ!!もちろん、日常生活が出来るまでに回復したら「筋トレ」も今までの40数年の筋トレライフで培ったノウハウで筋肉を再建して見せます。

やります!!