★未来を生きる為に★BIGTOEの「筋トレが救った癌との命がけの戦い」

健康を自負していたボディビルダーに突然降って沸いた「ステージⅣ」の癌宣告。それも効く抗がん剤がない、放射線も効かない「腺様嚢胞癌(せんようのうほうがん)」という聞いたこともない稀少癌、しかも、気管内と言う悪条件で生き残る可能性は成功しても大きな後遺症が避けられない命を賭けた大手術のみ。 そんな現実に直面して思う人生あれこれ。 2019年1月「筋トレが救った癌との命がけの戦い~腺様嚢胞癌ステージ4からの生還~」という書籍に。アマゾン、楽天ブックス、体育とスポーツ出版社のホームページなどから購入できます。

2020年11月

肺に見つかった癌の転移巣の切除手術を決めてきました。

 Kuise20201126001

決戦の日は16日水曜日です!!

 

診察室で手術の説明、質疑応答。

 

私の場合、3年前の手術で残された気管が5cmと短かく、気管孔が胸にあるため、通常呼吸の人、喉に気管孔がある人より、手術中の麻酔、呼吸確保が難しいそうです。手術ではどれくらい肺を切除するのかと聞くと腫瘍自体は1cmだけれど癌を残さないように細胞を検査しながら「ギョーザくらいの大きさかな」とのこと。実にわかりやすい説明でした。

 

入院、手術日決定後、手術前検査まで時間があったので久しぶりに病院前のファミレスでの外食を楽しみました。

 Kuise20201126002

今日は兵庫県の新型コロナ新規感染者数が184人と過去最高を記録しましたが、コロナ渦での入院、手術ではやはり入院前のPCR検査が必須となります。

 

決戦の日の前にPCR検査で引っかかり手術中止では洒落になりません。

 

手術までまだしばらくは、外食、外飲み、不要、不急の外出は控えたいと思います。

昨日の「さんま御殿」で横川尚隆君が出演して「生の鳥の胸肉とご飯をミキサーで混ぜて飲んだらお腹を下し、病院に駆け込み医師にそのまま話したら「あなた正気ですか?」」と言われたという話をしていました。

 

かつては、マッスル北村くんが、生の鳥のささみと水道水をミキサーで混ぜてバニラエッセンスで味付けして飲むという武勇伝?を思い出しました。。

 

思えば、今のようにサプリメントが豊富でなかった時代のビルダーは食に関する伝説がありましたね。

 

小山裕史さんの1日に鯖缶15缶、納豆15袋、パセリどんぶり1杯伝説(挑戦しましたが半分も無理!!)、

石井直方さんの朝からプロセスチーズ400g伝説(口の中がくちゃくちゃしてとても無理!!)、

西脇清明さんの鶏まるごと2羽伝説(可哀そう!!で無理!!)、

臼井修さんの焼肉食べ放題体重5kg増伝説(胃の柔軟性がないと無理!!)、

岩間勧さんの110000キロカロリー伝説(成人病になりそうで無理!!)、

須藤孝三さんの松坂牛2kg伝説(財布の方が悲鳴をあげます!!)、

杉田茂さんの金魚のえさ伝説、マッスル北村さんのドッグフード伝説!!(まずそうで無理!!)

 

いずれも日本のボディビル界に大きな足跡を残した偉大なボディビルダーたちです。

 

横川君の今後の活躍に期待です!!

 ToeYokogawaAizawa2017

※月刊ボディビルディングの取材でボディビル界の宝、横川尚隆君、相澤隼人くんと。思えば、この数か月後に私は入院してました()

16日の造影CT検査の結果、画像に腺様嚢胞癌の肺転移を思われる影が確認されました。

 

主治医によれば9月のPET造影検査ではこの大きさの場合、陽性にはならないそうです。

 

20日の呼吸器外科の受診の結果は、「おそらくがんの肺転移に間違いない。対策は胸腔鏡手術で切除して組織を検査にかけましょう。がんの転移なら今後も次々と転移巣が出てくる可能性が高いので抗がん剤治療になると思います。」とのこと。

 Kuise20201120004

帰宅後、3年前に亀田総合病院で私の手術をしてくださったゴッドハンドN先生、T先生にも画像を送って意見を伺いましたがやはり「おそらくがんの転移と思います。当院であれば低侵襲で痛みがすくない「凍結療法」を行ないます。」とのことでした。

 

しかも、「この治療では凍結して死んだがんが体内の残るために免疫ワクチン効果の可能性(10%)がある。但し、保険適用外になります。」とのこと。

 

私の心は大きく「凍結治療」に傾きました。どちらの方法にしても、その後の再発、次々と転移巣が出現する可能性が大きいことは変わりません。それなら、「正直、もう二度と痛い思いをしたくないし、今後、再発したり、転移巣が出現することを考えればわずかながらも期待できる免疫ワクチン効果に期待したい。」との思いからです。

 

でも、ネットで検索しても肺がんの「凍結療法」で引っかかるのは関東の病院ばかり。

 

その後も、N先生に疑問点、確認したいことを質問した結果・・・

 

今のコロナ渦の影響があることもわかりました。コロナ感染拡大中の最中の関西から関東への移動のリスク、治療のための検査、入院、治療に至る前の2度のPCR検査、陰性確定が要なので、入院、治療、退院までに要する関東滞在日数が思いのほか多くなることがわかりました。また、腫瘍が1cmで単発であることから手術でも大きく術後の筋トレ生活でのQOLが下がることはない、免疫ワクチン効果は腫瘍が小さいため不明ということも確認できました。

 

そんなわけで、今回は関西での手術で切り抜けることになると思います。それもコロナ感染拡大のあおりを受けて手術が延期などの影響が出る前の早い時期に!!

 

その後の転移巣出現に対しては?

 

起きてもないことを心配しても仕方ないので良いことだけを考えます。

 

「筋トレが救った癌との命がけの戦い」第2ラウンドの始まりです!!

Kuise20201121003

産業医科大学の佐藤典宏先生がYOUTUBE

がん情報チャンネル「筋トレでステージ4のがんから生還したがんサバイバー」とアップしてくださっています!!

お時間があれば見てくださいね!!

https://youtu.be/5FGOsi1t5ig

産業医科大学第一外科の佐藤典宏先生のブログ『「がん」をあきらめない人の情報ブログ』で紹介していただきました。

 

私の場合、平素から筋力トレーニングをライフワークとしていたのですが、がんを罹患したことでトレーニングが単に筋肉を成長させること、力をつけること、心肺機能こ向上させるだけでなく、がんをはじめとする病と戦う武器としても有効であることを身をもって体験しました。佐藤先生は、そのことを医師として研究データをもとに解説し、患者さんに推奨されているのです。

 

がんという病気は、再発、転移という恐怖につきまとわられ、特に私が罹患した腺様嚢胞がんは、再発、転移率が高いがんなので、おそらく一生がんと共生することが予想されます。

 

手術から3年。体力を養い、免疫力を向上させるための筋力トレーニングは、私にとって一生のパートナーなのです。

 

『「がん」をあきらめない人の情報ブログ』mBigtoeBook20190121001C


今年最後?の造影CT検査を受けてきました。

Kuise20201116001

結果は・・・

 

術後から今まで3年間「NO PROBLEM」で切り抜けてきたのですが・・・

 

遂にそのときはやって来たようです。

 

罹患した時から医師からは、「腺様嚢胞癌は手術で切除するしかなく、周辺組織に浸潤し、再発、転移率が高い。放射線治療は局所治療で遠隔転移は防げない。」と聞いていました。

mCT20201116003
 

医師が示すCTの画像には肺に明らかな影が!!大きさは約10mm3年前に切除したのは10cm、それを考えるとなんてことない!!

 

今回はCT画像撮影後、受診したのが頭頸部外科の先生だったので、金曜日の呼吸器外科受診の時に今後の対応策を練ることになりました。

 

現時点では、効く抗がん剤がない、放射線も効かない癌ですから、選択肢はおのずと限られてきます。

 

手術で取れるなら手術。正直、これ以上切られたくない()。凍結療法なども有効かもしれません。手術以外なら効果がわからない抗がん剤に挑戦するか、究極の選択肢、自身の生命力に委ねて無治療で行くか。

 

でも、大丈夫。癌はすぐに死ぬわけではないということを知っていますし、「早期発見が出来て良かった。まだ打つ手はある。」のですから。

 

それにこの世に生を受けたものは誰しも、早晩、終焉の時を迎えますし、3年前に「最悪でも死ぬだけでそれ以上のことはない。」「死ねば良いことも悪いこともすべて無に帰るだけ」という境地を経験したので動揺はありません。

 

この3年間、この世でやるべきこと、やっておかねばならないことをかなり実現できたことから「癌罹患」に感謝さえしています。

Kuise20201116003
 

これからも今まで通り、家族と共に、友達と共に過ごし、筋トレを続け、会いたい人に会い、やりたいことをして暮らします。「幸せな人生だった。悔いは無い」と言えるように。

 

幸い今はSNSで声が出せなくとも情報発信は出来ますから、がん、筋力トレーニングについての発信は続けます。

 

まだまだ、人生は続きます!!
mAmaHtBSquat20201116B

今日のトレーニングはブルガリアンスクワットです!!

今年最後の眼科に行ってきました。がん治療前から何となく右目の上方向が見にくいなという感じがあったのですが、退院後、関西へ帰ってきて眼科へ行ったところ「緑内障」と診断され通っています。治療法は目薬で眼圧を下げて進行を遅らせるしかないとのこと。今日の診察では良くはならないけど急速に悪くもなってない感じでした。まあ、肉体はこの世限定の消耗品ですから生きている間見えればいいかなと割り切っています。ドンマイ!!

 Kuise20201112003

しかし、この目薬ビマトプロスト0.03%「わかもと」、副作用があります。白目が充血してドラキュラになります。目の周囲の皮膚が黒ずんできて長く寝ていないような薬でもやっているような不健康な人相になります。若干、奥目になった気がします。そして、睫毛が長くなります。睫毛が人生最大に伸びてきて目に入るので先日100均で睫毛カーラーを買ってきました。

 

でも、充血と目の周りの黒ずみはいただけないものの、元々睫毛が短い自分にとって睫毛はいいかなと思っています。

 Kuise20201112002

癌の放射線治療では炎症、火傷、発熱etc…抗がん剤では脱毛、吐き気、嘔吐etc…の副作用が出ますから、これくらいノープロブレムです。

週明けの造影CT検査が気になります。これを問題なくパスできればこだわりなく新年を迎えられます。

「ちゃやまちキャンサーフォーラム2020が今年は新型コロナCOVID-19感染拡大防止のため毎日放送MBSではなくオンラインで開催されます。
ChayamachiCancerForlm2020

ゲストは堀ちえみさんです。

20201114日(土)11:0015:00(無料ライブ配信)

 

 

 2019.11.02.ChayamachiCancer003

昨年のちゃやまちキャンサーフォーラム2019のひとこまです。がんを身近にした仲間が集い、情報を交換しながら再会を喜ぶ。オンラインは現地から遠い方でも自宅で簡単に参加できるという利点はありますが、来年は通常の状態で開催されることを祈るのみです。

今日は初冬を感じさせる少し肌寒いけど爽やかな晴れの1日でした。

そんな日は、近所の公園でトレーニング!!

じっとしていると寒いですが、体を動かすと丁度いい感じ!!

ただ、鎖骨なしの癌サバイバーの体はチンニングで少し悲鳴を上げていたような・・・。ドンマイ!!
Kuise20201111010
(※チンニング)
Kuise20201111002
(※チューブプレスダウン)
Kuise20201111005
(※チューブトライセップスイクステンション)
Kuise20201111013
(※背中の凝りを取るストレッチ)

母の七回忌。
Kuise20201110004

朝から仏道を歩む友人の経巻供養に続き、自らも読経を。といっても声を失っている身なので手術前に録音しておいた自らの読経を流しながら経本を目で追うという形でお供養しました。
Kuise20201110005

声が出ない息子の姿を見れば母が悲しむでしょうから。

短い時間でしたが、母と心の中で病気のこと、娘の結婚のこと、孫の誕生のこと、家族のことなど積もる話をして過ごしました。
s1956.04.ToshiKazuko

これからも天国で見守っていてくださいね。

明日10日はこの世に私を産んでくれた愛すべき母の七回忌です。

 

あっという間の6年でした。2014年、母の逝去後、1年半後に父が母の後を追うように急逝し、その1年後の2017年に私自身が気管癌ステージⅣ、危険な手術を受けなければ余命3か月との宣告を受けました。がん切除手術以外生き延びる術がない希少癌であり、手術すら出来るぎりぎりのところと言うことから、早速、終活を始めました。

 

仕事の引継ぎ、家族への遺言、身辺整理。大切な物は引き継ぎ、不要な物は捨てる。両親の逝去、自身の余命宣告を機に長年悩まされてきた悪縁は鬼滅の刃で涙こらえて切り捨てました。たばこも吸わないのに気管癌、余命3か月、原因はストレスが大きいと聞くと当然ですよね。

 

そして、大切な家族、親戚、友人たちとのひと時に残された貴重な時間を費やしました。今思えば、大勢の仲間に囲まれ人生で一番、充実した時間だったかもしれません。

 

そんな中でボディビルの親友笠松さん、看護師ハーパーさんの紹介で出会った岸本先生、野守先生、ツォン先生という名医による難しい手術、放射線治療を受け半年間の入院。母が生きていたら一番悲しんだことは間違いありません。退院後も鴨川の病院近くのマンションに引っ越しての療養生活を経て、手術から1年後にやっと生まれ故郷に戻ってきたのです。

 

そして、生かされた命でこの世でやるべきことに取り組んできたあっという間の3年でした。

 

人として自然なことなのですが、母の死後、信心深い親友の勧めで自宅に総戒名、過去帳、仏具をそろえ、先祖供養を始めました。父の逝去、自らのがん罹患、治療を経て今日に至るまで毎日の祈りを欠かさない生活を続けています。

 

そして、母の七回忌。余命宣告を受けながらこうして生きていられるのは心優しい妻、娘、息子、孫息子、大勢の友人たちに恵まれたこと、そして天国の母が守ってくれているのでしょう。

 s1957.11.Takarazuka002

娘に言わせると孫息子は私とそっくりだそうなので、母が生きていたら一番喜んでくれたでしょう。

 sRyo20201026001

2022年は父の七回忌です。その日も元気で幸せに迎えることが出来るように天国から私たちを見守っていてくださいね。

 

使い古された言葉ですが、母にこの言葉を送ります。

 

「産んでくれてありがとう!!人生は面白い!!僕は今、家族に、友人たちに囲まれて幸せです!!」

《背中》

背中は、上半身では大胸筋と並ぶ大きな筋肉で物を引っ張ったり体を引き付ける時に働きます。広背筋、大円筋、僧帽筋、三角筋後部がターゲットです。最近のジムでは多種多様な背中のマシンがそろっていますが、コンテストでの優勝を目指すならともかく、私の場合、生きるため、生活のための体力作りが目的なのでダンベルと自重とチューブで充分です。

●ワンハンドロー

高重量は扱えないので、広背筋の収縮、伸展、フォーム重視です。効かせることに集中します。25kg×20回×5セット。

sAmaHtOHRow20201102E

●公園チンニング

手術で固まった胸筋の断裂に注意しながら、狭くなった可動域を少しでも広げること、広背筋のストレッチを意識して10回×5セット。

屋外で新鮮な空気を吸いながらのトレーニングは心身ともにリフレッシュしますね!!

sAmaHtParkChinup003

PB060035


 

 

《胸》

●チューブチェストプレス


フラットベンチの下の梁の部分に直径10mmのトレーニングチューブを取り付け、2本重ねで行っています。通常はチューブの収縮、伸展を利用しますが、私の場合、がん切除手術で右の大胸筋がほとんど無いので筋断裂を避けるため腕を伸ばしきる少し手前で止めて60秒静止させる方法で行っています。5セット。

AmaHtTubeChestpress20201010003

とにかく、がんサバイバーの障害者ということで、自分の体と会話をしながら、充分にインターバルをとって進めています。

昨日の公園筋トレの結果期待通りの背中の筋肉痛を味わっています。

このレベルの筋肉痛は、2017年のがん切除手術後は初めてです。ボディビルダー現役時代はMになりきり、筋肉痛を楽しんだものですが、手術で呼吸形態が変わり、骨と筋肉切除もあり、なかなか筋肉痛が出るようなトレーニングは出来ないでいました。

重量を扱えないので、もっぱら下半身は自重、上半身は軽重量、チューブでの負荷でトレーニングをしてきました。骨がないため全体重がかかるチンニングは避けていたのですがなんとかなりそうです。ちゃんと背中に筋肉痛が来ています。

しかも、翌日朝から!!まだまだ、若い!!
これからは週に2回くらいは公園トレーニングを取り入れます。超気持ちいいです!!

sAmaBody20201106A

今日は、近隣の公園で体力作り。・・・と言っても相変わらず気管孔での呼吸はすぐに苦しくなるので、インターバルはベンチに座って、鳩やお母さんと遊ぶ子供、脳梗塞のリハビリと思われる同年代の男性の歩行練習を見ながら過ごしました。
Kuise20201105009

遊具を使ってチンニングに励みましたが、やはり鎖骨が無いのはつっかい棒がないわけですからなかなかキツイ!!しかし、可動範囲は狭いが出来ます。ついつい、やりこんでしまい、明日の筋肉痛が心配・・・いや、楽しみです!!
Kuise20201105012


そして、椅子を使ってのブルガリアンスクワットとワンレグカーフレイズ。今夜は自宅でサイドレイズで今日のサバイバートレーニングは終了です。

Kuise20201105005


コロナ渦の映画界で最高の話題作はズバリ「鬼滅の刃」でしょう。文字通り鬼を滅ぼす刃。鬼に家族を殺され、妹を鬼にされた主人公炭治郎が腕を磨き、鬼をやっつける「鬼退治」のお話です。アメリカ映画で言えば、「The Legend」ゾンビ退治でしょうか。日本の時代劇では「桃太郎侍」、現代ドラマでは「半沢直樹」かな!?

 

愛、正義、義理、人情と言った人として人間が持つべき人間性が欠如した人間模様、事件が後を絶たない現代社会においてこういった勧善懲悪物が受けるのでしょう。

 

その興行収入は、1日で10億を超え、「アナと雪の女王」をも抜きどこまで伸ばすのかも話題になっています。

 KimetsuYaiba004

私も2週連続でテレビ放映を鑑賞。映画館での本番への準備は万全です。・・・が、しかし、がんカンジャーとしては、人ごみはなるべく避けたいので・・・

 

まずは、

ムヒカ大統領の映画

『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』を観ようと思います。
Mujica011




  

「世界一貧しい大統領」ウルグアイのホセ・ムヒカ前大統領。

◎官邸には住まず

◎小さな農場での質素な暮らしを実践し

◎いつも謙虚な姿勢を貫き

◎収入の9割を寄付する。

◎車は知人から譲り受けた18万円相当の1987年型フォルクスワーゲン・ビートル。

 

多くの政治家が金と利権、権力にまみれ、高級車に乗るなかで世界中の人々の心を打った伝説的な人物です。

 

そんな大統領の映画が上映されています。日米の政治家たちにも是非見ていただき、学んでほしいものです。


《人間の生き方について》

◎「愛情」や「人間関係」、「子供を育てること」、「友達を持つこと」、そして「必要最低限のものを持つこと」。これらをもたらすべきなのです。

 

◎私たちは発展するためにこの世に生まれてきたのではありません。この惑星に「幸せになろう」と思って生まれてきたのです。

 

◎発展は人類に「幸福」をもたらすものでなければなりません。

 

◎私は自分を貧しいとは思っていない。今あるもので満足しているだけなんです。私が質素でいるのは、自由でいたいからなんです。お金のかかる生活を維持するために働くより、自由を楽しむ時間が欲しいのです。

 

◎「貧乏とは、少ししかもっていないことではなく、限りなく多くを必要とし、もっともっと欲しがること」です。

 

いちばんつまらないのは、「笑顔を忘れた人生」。「人との交わりを楽しめず友達が居ない人生」、「自分ばっかりで他人の身になって考えることが出来ない人生」、「親に兄弟に愛されない人生」、「人を信じられない人生」、「死んでも誰も涙を流してくれない人生」だと思います。それでは寂しすぎます。貧しすぎます。

 

《政治家について・・・》

◎お金があまりに好きな人たちには、政治の世界から出て行ってもらう必要があるのです。彼らは政治の世界では危険です。

これは、日本の政治家たちに響いてほしい言葉ですね。

毎年、大阪のSTRONG DEPOTで行われる「肉会」に参加してきました!!
Kuise20201103020

今年はコロナ渦ということで、皆さん外出、外食、飲み会を自粛してこられたと思いますが、がんサバイバーであり、私のような胸の孔で呼吸をしている改造人間は、ウイルスが鼻➡口➡喉頭部➡気管➡気管支➡肺ではなく、気管孔➡気管➡気管支➡肺とショートカットして肺まで侵入するリスクがあるということなので一般の方に輪をかけてジム、レストラン、映画館、飲み会などを自粛してきました。

Kuise20201103003

しかし、STRONG DEPOTの「肉会」のクオリティの高さには勝てません!!

Kuise20201103001

可能な限り三密を避けながら楽しいひと時を過ごさせていただきました!!

Kuise20201103010


コロナ渦で世の中が混乱している間に2020年も残すところ2か月足らずの11月に突入しました。

 

昨日は、大阪都構想の住民投票。大阪市民ではないので投票券もないし、直接的には影響はないのですが、やはり気になります。11時前、90%開票の時点まで賛成がリードしていたので「これはわからんぞ!」と思って経過を注視していたのですが、逃げ切りか!と思ったとたんの「反対確定」の報道が!!いやあ、見事に引っ張られました。選挙では開票率1%でも「当選確実」が出るわけですから「選挙あるある」ですね。

 

3日は、アメリカ大統領選挙。子供の喧嘩にも劣るような老人同士の悪口合戦には「これは本当にかつて「世界の警察」などと言っていた地球最大の大国の大統領を決める選挙なのか」と思って笑ってしまいますが、アメリカ人の良識が試される選挙になるのでしょう。傍観者として大人しく楽しませていただきます。世界の国々に放映されているのに恥ずかしくないのですかねえ。

 

そして、私事ではありますが、今月は10日が母の七回忌法要。亡くなったのはついこの間のことのように思いだされますが、時が経つのは早いものです。16日にはがんの再発、転移チェックのための造影CT検査。そして、可愛い孫息子の誕生日。

 

大阪都構想もアメリカ大統領選挙も、大津波に向かって泳ぐようなもの、大地震で揺れを防ぐために地面を両手で押さえるようなもの。どうなるものでもありません。私にとっては、法要、CT検査、孫の誕生日の方が大事なのです。

 m20201031moon

1031日の夜は、102度目の満月、ブルームーン。今年、一番小さく見える満月でした。現在、がんと戦っている親しいがん友が数名居るのですが、先月から連絡が途絶えています。月に奇跡の回復を祈りました。

↑このページのトップヘ