★未来を生きる為に★BIGTOEの「筋トレが救った癌との命がけの戦い」

健康を自負していたボディビルダーに突然降って沸いた「ステージⅣ」の癌宣告。それも効く抗がん剤がない、放射線も効かない「腺様嚢胞癌(せんようのうほうがん)」という聞いたこともない稀少癌、しかも、気管内と言う悪条件で生き残る可能性は成功しても大きな後遺症が避けられない命を賭けた大手術のみ。 そんな現実に直面して思う人生あれこれ。 2019年1月「筋トレが救った癌との命がけの戦い~腺様嚢胞癌ステージ4からの生還~」という書籍に。アマゾン、楽天ブックス、体育とスポーツ出版社のホームページなどから購入できます。

2020年07月

本日、727日は「世界頭頸部がんの日」です。

 

腺様嚢胞がんも種に顔から首の頭頸部の発症する希少がんのひとつです。私の場合は、原発は気管で気管から甲状腺にまたがって無症状のうちに10㎝まで成長していました。

 

希な疾患である頭頸部がんを世の中の方に知っていただき、理解していただけたら幸いです。

 

二人に一人が生涯のうちにがんを発症し、三人に一人ががんで亡くなる時代です。是非、楽天メディカルジャパン株式会社のホームページをご覧ください!!

https://rakuten-med.jp/events/200722/ 

WorldHeadNeckCancerDay

月刊ボディビルディング(MBB9月号発売です!!

 Ama20200722008

ARNOLD CONFIDENTIAL

オリンピアレジェンド ベブ・フランシス

相澤隼人の肩トレ

エドワード加藤 特別インタビュー

と盛りだくさんです!!

 Ama20200722009

そして、そして、I am back!!」

新連載 BIG TOEのアメリカボディビル留学回顧録

ONCE UPON A TIME in BODYBUILDING U.S.A.

Ama20200722006
 

古き良き時代の1984年~1985年のアメリカ!!

サンタモニカの真っ青な青空のもとにはアーノルド、コロンボ、フェルグノ、ヘイニー、ディッカーソン、サミールたちが汗を流す「パンピングアイアン」の世界が広がっていました。

 

久しぶりの連載開始です!!


先月の第3土曜日。私が罹患した腺様嚢胞癌(ACC)の患者会「Team ACC」の記念すべき第1回オンラインカフェが開催されました。

ACCは稀少癌に分類される珍しい癌であり、医師から罹患を告げられた時、ほぼ全員が「聞いたことありません。どんな字を書くのですか。」と聞き返したと聞きます。私もそうでした。先生が英語で印字された細胞検査結果紙面の片隅に漢字で書いてくださいました。

癌と聞くと多くの人は、茫然自失となり途方にくれます。しかも、「ACCは効果が実証された抗がん剤がない、放射線も効果が期待できない。よって外科手術で切除することが一番の治療法となる。しかし、外科手術で切除出来ても再発、転移率が高いので安心できない。」と説明されると尚更です。何かいい治療法があるはずと情報を集めます。でも、稀少癌となれば情報がなかなか見つからない。私も「何かいい治療法がないだろうか?声を失い気管孔呼吸になるという大きな後遺症が残る手術はしたくない。」という思いから、高額なセカンドオピニオン(当時、1時間税抜4万円)を2回行ないました。

結局、生きるには外科手術しかないと自分で判断。幸い友人の紹介で亀田総合病院の頭頸部外科の名医岸本誠司先生、呼吸器外科の名医野守裕明先生に巡りあい、手術を受け912日で丸3年を迎えることになります。

 

Team ACCの存在を知ったのは、亀田総合病院の半年近い入院中に私のブログを見たか~ささんと言う三重県の女性からメールをいただいたのがきっかけです。か~ささんも私と同じACC。しかも、私と同じ気管の中に発症という稀少癌が稀少部位に出来た状況だったのです。気管に出来た腺様嚢胞癌という情報を探していた時に私のブログに出会ったそうです。あれから2年以上が経過しましたが、気管ACC罹患の方に出会ったのは、いまだ私をいれて6人だけです。私も、術後の一番きつい状況の中でしたし、まさに暗闇の中に一筋の光明を見た思いでした。

 

退院後の20185月に築地のがんセンター中央で開催された「ACCカフェ」に参加させていただきか~ささんとの対面を果たしました。Team ACCHAMAさんと言う耳下腺のACCを発症された方が、情報を共有し「一人じゃないんだ!共に生きよう!!」という思いから作られたチームなのです。

 

HAMAさんのリードにより定期的に開催されてきたACCカフェですが、今年に入って、4月に予定されていたACCカフェも新型コロナ感染拡大で中止せざるを得ませんでした。

そして、今回のオンラインカフェの開催となったわけです。「一人じゃないんだ。共に生きよう!!」を合言葉に、稀少癌の情報交換、再会、新しい出会いと有意義なひと時を過ごすことが出来ました。

 

HAMAさん、Team ACCの皆さん本当にありがとう!!これからもずっと共に生きましょう!!
ACCOnLineCafe2020003


↑このページのトップヘ