退職して、有り余る時間を持ちながらも慌ただしく時間が経過していきます。この調子で行くとすぐに今年どころか平成が終わってしまいそうですね。などど感じながら11日を重ねていっています。

芸能人や頑強なイメージの強いスポーツ選手が亡くなるニュースが相次いでいますが、ほとんどが癌という感じがします。この1か月あまりを振り返っても俳優の志水正義さん、樹木希林さん、格闘家山本キッドさん、元横綱輪島さん、マラソンの真木和さんと続いています。

癌にはこれと言った特効薬はなく、癌種、部位、進行度によって治療法も様々なのですが、いずれにしても早期発見ならば寛解、完治ということもありますが、多くの場合、自覚症状がなく、違和感を感じた時にはステージ4ということが多いのです。 そうなると癌を治すとうよりも、いかに正しい知識を得て、状況に応じた治療を、医師を選択して、上手く癌と付き合いながらどれだけ充実した人生を生きるかというのが現実かなと思います。

私の場合も、だるいとか痛いとか自覚症状は全くなく、むしろトレーニングの調子は良かったのです。そして、違和感を感じて受診したらステージ4で癌自体は10cmに成長して、気管から喉頭部に浸潤していたのです。

2018年のがん罹患数予測は101万人超、がん死亡数予測は約38万人と言われています。

そんな中、大阪茶屋町のMBSで開催された「ちゃやまちキャンサーフォーラム」に行ってきました。私が罹患している腺様嚢胞癌のサバイバーで構成される「TEAM ACC」も出展していました。
mCancerF20181027012a

mCancerF20181027010


二人に一人は癌になるという時代に私たちは生きています。

なってしまったのだから仕方がない。クヨクヨ、メソメソしててもなにもいいことはない。それより、残された時間に限りがあることが自覚できたのだから、いかに癌とうまく付き合いながら生き抜くかを考えるべきだと考えています。

各ブース、会場は生きる熱気にあふれていました。

今日も
1日重ねられたことに感謝です!!
cancerforlum

 

★知っておきたい癌用語★

【癌治療における「完治」と「寛解」とは?】

「術後、治療後5年間再発しなければ完治しただろう。」と見なすそうです。「5年生存率」とよく言われるのはこのためです。乳がんの場合は、5年以上経っても再発することがあるので10年が完治の目安、腺様嚢胞癌の場合は転移、しつこい癌なので5年、10年を経過しても再発、転移が起こるそうです。

癌治療における「寛解」とは、「完全に治った。」とは言い切れないけれど、「病気を抑えることができている。」という状態だそうです。

 

【癌治療における「完全切除」とは】
手術にて肉眼はおろか顕微鏡で確認しても腫瘍がとり切れたこと。R0(アールゼロ)切除、治癒切除ともいいます。

「完全切除」といっても、癌細胞が体のどこかに潜んでいて再発、転移する場合もあるので、切除した時点では完全に治癒した意味ではありません。

「非治癒切除」「不完全切除」・・・

R2(アールツー)切除・・・肉眼的に明らかに腫瘍が取りきれなかった状態。

R1(アールワン)切除・・・肉眼的には取り除いたが顕微鏡で確認すると腫瘍が取り切れていない状態。