大阪がん医療共催セミナー「がん医療が変わると、がん患者も変わんねん!」を聞くためにJR大阪駅近くのブリーゼプラザ小ホールへ行ってきました。セミナーのタイトルからしていかにも大阪と言う感じです!!
sAma20180922004

内容は、

一般社団法人 キャンサーペアレンツの西口洋平さん(胆管がん罹患)の「子供を持つ親が胆道がんになって」、

アフラックのCM913円しかなかったんですよ。」でご存知の方もおられると思います、NPO法人がんノートの岸田 徹さん「がんになって射精障害って?誰も伝えないことを伝えたい」、

・・・残念なことに、セミナー開始前にトイレにこもり、しっかりと痰取りをして臨んだにもかかわらず、岸田さんの講演が始まって間もなく、痰が出てきて気管孔がデロデロ状態になり、再びトイレにこもったためにほとんど講演が聞けなかったことが残念!!・・・

ダカラコソクリエイトの谷島雄一郎さん(GIST罹患 ステージ4 食道全摘出)の「働き盛りががんになったら」、

阿南里恵さん(20歳過ぎに子宮頸がん罹患)の「若い女性が日本でがんになるということ」、

湘南ベルマーレフットサルクラブの現役プレイヤー久光重貴選手(肺がん罹患)の「がんと向き合いながら」の講演のあと、

 

近畿大学医学部教授の中川和彦先生、NPO法人肺がん患者の会ワンステップ代表の長谷川一男さん(肺がん罹患)と講演者の方々によるトークセッションという形で行われました。

 

中川先生以外は癌の経験者、しかもステージ4なのですが、講演の内容の充実はもちろんなのですが、超前向きで明るく元気で、とても癌サバイバーとは思えません!!彼らの癌に向き合う姿勢、気持ちは大いに今後の私の人生に行かせる内容でした。

そして、会場では三重県からはるばるやってきたACCの盟友か~ささんと再会も果たせました。
sAma20180922002


昨夜の6月に退職した元勤務先の御厚意による「感謝の会」に続く元気に勢いをつける1日になりました。

 sAma20180921023

関西での生活のスタートにふさわしい週末となりました。皆さん、ありがとうございます!!