1年前の今頃、私は所沢の防衛医科大学病院で気管の中に何かがあることがわかり、その正体を突き止めるべく、仕事をしながら気管支鏡、PET、胃カメラ、CTと連日の検査に明け暮れていました。

そして、
1年前の今日、気管の中にあるものが、抗がん剤もない、放射線も効果が見込めないという腺様嚢胞癌という稀少癌であると宣告されたのです。

流石に頑強で健康な体を自負していたボディビルダーから一癌患者への転身は落差が大きくショックでした。

そして、国立がんセンター中央のセカンドオピニオンを経て亀田総合病院で頭頸部外科のK医師、呼吸器外科のN医師による生きるための手術を受けました。

宣告の日から1年、私の人生は大きく変わりました。それまで、千葉県、しかも鴨川への転居はおろか旅行に行こうかとも考えたこともありませんでした。そして、大きな手術だったことでの術後の回復にも思いのほか時間がかかり、3月から職場復帰どころか、先月に退職と言うことになりました。

でも、生きています!!

人生観、価値観も大きく変わりましたが、家族の絆は強くなりましたし、(元気な時には家族は居て当たり前くらいにしか思っていなかったことを大いに反省させられました。)人生において何が大切なのか、真友の有難さ、大切さを知りました。

幸いと言うか、突然死ではなかったので、1年前までのように話す、歌う、鼻、口で呼吸をする、力む、肉体を使う仕事はできない、常生活においても家内の介助が必要な障害が残りましたし、腺様嚢胞癌という病気は、治療方法が確立されていないだけでなく、転移、再発がしやすいのも特徴ですから不安と背中合わせの生活ではあります。

でも、考えることは出来ます、短時間であればパソコンも操作も出来ます、歩けます、家族に、友達に何かを残すこと伝える時間も残されています。

人生において、何をやるべきか、どのように生きるべきかが鮮明になってきました。2018年後半はわくわくする計画でいっぱいです。
sDankeiDokuenkai160709c

そして、やはり、去年の今頃、今年は明日、国立演芸場でTeam BIGTOE立川談慶師匠の独演会があります。
m2017DankeiHiro025

ここ数年ずっと行ってたのですが、今年は笑いに行けないのが残念!!

「笑う門には福来る!!」楽しみは次にとっておきます!!
sDankeiDokuenkai160709d


談慶師匠、松元ヒロさん次の独演会で会いましょう!!