BIG TOEの「未来を生きるために!!」

健康を自負していたボディビルダーに突然降って沸いた「ステージ4」の癌宣告。それも効く抗がん剤もない、放射線も効かない稀少癌、しかも、気管内と言う悪条件で生き残る可能性は成功しても大きな後遺症が避けられない命を賭けた大手術のみ。 そんな現実に直面して思う人生あれこれ。家族のこと、友達のこと、仕事のこと、趣味のこと、生きる意味、人の優しさ、真っ当な生き方について語ります。

いよいよ、鴨川へ出発の前夜(実際には日が変わっているので当日)です。

挨拶出来ていなかった取引先へ取り急ぎの挨拶電話しました。

かっての月ボの同士、ヒロシから電話がかかってきました。よく、一緒に車を運転して名古屋や大阪にコンテストの取材に行ったよな。若いのに、ご両親がよく聞いていたからと私の青春時代の流行歌を二人で口ずさみながら行ったよな。フェイスブックで知ったと心配して電話してくれてありがとうな。

全日本プロレスのゼウスとボディガーからも電話がきました!!

ゼウスは「12日は虎の日、自分も後楽園ホールのリングで死に物狂いで戦います。吉賀さんも絶対勝てます。手造りの虎の御守りを届けます。」と!!心が熱くなりました!!

ボディガーからは「必ず勝って生きてください。術後の痛みにも耐えてください!」との熱い魂の言葉をいただきました。

「NO PAIN, NO GAIN!」と応えました!!

あと2日をきりました。

体が熱くなっているのを感じます!!

今日は、手術を決めて以来、時間の経過が最高に早く感じた1日でした。

眠れそうにありませんが横になって40数時間後に迫った戦いに備えます。

今日、鴨川に向かいます。明日、入院。そして・・・。

みんなに会いに必ず帰ってきます!!

I will be back!!
creed170521 030

今日、私の会社での営業マン人生は幕を下ろしました。

東京オリンピックを控える東京での営業活動という点では、「いよいよ物件が動き出すぞ!!」と言う矢先、国内経済の頭打ち、また五輪後の衰退が予想される中、海外進出は必須。そのプロジェクトに入れてもらおうとやり直しの英会話をしている最中でもありました。
折角、THやRやLの発音を磨いてきても声が出なくなるのですから話せませんよね。無念です。無念ではありますが現実を受け止めるしかありません。

そんなことを考えていると、一昨日、昨日と2日続けて明け方まで寝付けませんでした。

でも、耳は聞こえる!!苦手なリスニングを磨こうと考え直しました。

明日は、プライベートで遣り残したことの整理と家族との時間に費やします。

そして、明後日、戦場へ旅立ちます。

今日も、所沢で可愛いファンからの励ましを受けました。これも私にとっては戦うための大きなパワーです。
sTokorozawa20170908

生き残りを賭けた決戦の日まであと3日!!

昨夜は、チームBIGTOEのメンバー3名が仕事帰りにわざわざ私の地元まで会いに来てくれました。

その一人李くんの目的は動画での「私の声」採集でした。それも説教をしてほしいと。

李くんは、人間性もいいし、トレーニングもこつこつやるので特に説教するようなことはないのですが・・・ワイフいわく、酒飲みすぎのようです。かっては地元の駅のベンチで寝ることで名を馳せたとか(笑)。
Kiyose20170906008

BIG FIVEの杉田さんは、「吉賀さんに評価してもらいたいので、来年は十数年ぶりに絞ってコンテストに出ます!」と励ましの電話をくださいました。李くんも来年は酒を絶ってバリバリの体を見せてください!!

因みに杉田さんのワイフは旦那さんの腹筋を見たことがないそうです。李くんのワイフも同じことを思っているに違いありません。

「二人ともバリバリの6パックを見せてや!!」それを楽しみに僕も手術を勝ち抜くからね。

みんな、楽しい時間をありがとうね!!李くん、BIGTOEの説教、しっかり動画で撮れたかな?
sKiyose20170906001

この声もあと4日で無くなります。

長年、勤しんだ営業の仕事も明日で人生最後となります。

今夜も眠れそうにありません・・・。

手術まで、あと5日と数時間となりました。

瞬く間に時間が経過していきます。正直、少し焦り気味です。

今週末は、家族と過ごした後、千葉県鴨川に移動。11日入院、12日手術です。

じわじわと何かが接近しているような気がします。プレッシャーを感じますが、メンタルを平静に保たねばいけません。仕事、身の回りの整理は事実上、明日が勝負です。

まだまだ、訪問しなければならない仕事先、会いたい友人が居るのですが、物理的に無理になってきました。
電話を入れました。「手術前に会う約束をしてたけれどごめんね。でも、手術後に必ず会えるからね。そのときには、筆談と入院中に磨き上げたジェスチャアーと表現力で体験談を伝えるね!!」と。

ここ3日間、手術に備えての体力維持のために各部位軽い重量で1セットだけトレーニングをしています。時間にして10分以内です。

明日が、術前、最後のトレーニング。その後は、体を休めて手術に全神経を集中させます。

決戦の火曜日!!もうすぐです!!
bt20170906A

今朝、お電話をいただいた西浦社長。ありがとうございます!!

おっしゃるとおり手術まであと1週間。1週間後の今頃は、手術台の上でアジの開き状態になっていることと思います。今は、生き残り、命を繋ぐことに全力を尽くします。

16時間以上、5部門のドクターが集結しての大手術に意識はないものの耐えます。生まれ変わります。

それを乗り切れば、次のステップ。麻酔から覚めた後の痛みとの闘いが待っています。会社の山本さん曰く、「たぶん、手術の傷よりもおちんちんの管のほうが痛いだろう」。

嫌です!!麻酔打ってくださいと言いたいです。

その後は、合併症、感染症が起こらなければ、時間勝負、体力勝負でしょう。

それを見越して、多くの方が、情報を寄せてくれたり、サプリやお守り、お護摩を焚くいてくださったりと様々な形で応援をしてくださっています。
2017NakagawaUmoPlus20170721
umo plus
2017KokuritsuGunCenter20170714010
Brolico
Omamori20170905
お守り
juicemaker20170815
野菜ジュース
suppri20170905


サプリ

本当にありがたいです。

感謝!!

自分は本当に幸せだと思います。

そして、このいただいたパワーで生き残ります。

手術、術後の痛みとの闘い、回復期のリハビリ、放射線治療、社会復帰、トレーニング再開・・・。

闘いはこれから!!まだ、始まったばかりです。

頑張ります!!

でも、おちんちんの痛みは嫌です!!

来週の今頃はすでに入院して翌日の大手術に備えての検査、準備、手術説明に向き合っている頃です。

「生きるための手術」を決意したときには、心のどこかで「まだ、1ヶ月ある。」と思っていましたが、翌週から背中の痛み、全身が鉛になったかと思うような体調不良に襲われました。

「癌の転移かな?ついに癌の症状が出てきたか?」とついつい自身が発するネガティブな思いが脳裏をかすめます。

そんな中、大勢の友人、親戚、仕事仲間たちが、励まし、応援、アドバイスをしてくれます。すべてがポジティブパワーに変わります。そして、体調不良は嘘のように消え去りました。

でも、世の中には必ず足を引っ張ろうとする「我、我」という人間がいるのも事実です。私もこの3週間に外部からのネガティブパワーの洗礼を2度受け「こんなときにやめてくれよ・・・」と思いましたが、今の私にはくだらないことに費やす時間は1秒もないのでひとつはスルー、もうひとつはスルー出来ないものでしたが親友Nさんの助力で無事解決できました。

「雨のち晴れるヤ!!」です!!

これも家族や心優しき良き仲間のポジティブパワーのおかげです。
m2017TamaGymSyugo20170903256
(※ごんた商店率いる「吉賀さん応援団」のみなさん。皆、ありがとうね!!)


昨日は、手術前最後の多摩スポーツジムでの軽いトレーニングとパーソナルでした。これを聞きつけた大勢の仲間が会いに来てくださいました。
m2017TamaGymSyugo20170903 069
(※ジョイフルタイム西八王子からは、山崎店長、ふたりの娘さん、JRくんが来て下さいました。)
m2017TamaGymSyugo20170903 033
(※Hくんは、2週連続で愛知県から遠路はるばる家族を連れて会いにきてくださいました。)

たくさんの人々からたくさんの愛を、思いを、パワーをいただきました。
m2017TamaGymSyugo20170903 008A

(※多摩ジムの長老75歳の武内さんから力強いハグをいただきました。パワーを感じました!)
m2017TamaGymSyugo20170903 107

手術まで、あと1週間!!今は「生きる」ことに全力を注ぎます。

そして、応援してくれる家族、親戚、心優しき友人たちの顔を再び見ることを約束します。

生まれ変ってくる新しい自分に、新しい人生にワクワクしています。

生まれ変わったら「NEW BIGTOEシャツ」も作ろうと思います。

名前も改名しようと思います。

新しい名前は・・・内緒です!!
m2017TamaGymSyugo20170903 091
(※筋肉博士 山本義徳さんから癌と闘うサプリメント、治療法について素晴らしい話をうかがいました。感謝です!!術後の復活のパワー、癌と闘う強力な武器です!!ありがとうございます!!)

私のブログを見ていてくださる方、結構、いるのですね。

今週月曜日に激例会を開いてくださった。仕事での展示会仲間、テンポスの鈴木マネージャー、サンワの藤江社長、ワーナーケミカルの葉山くん。
遠路はるばる集まってくれてありがとうございます!!
2017Akabane20170828008

そして、二十歳代に勤めていたデザイン会社「アドワーク」の先輩、藤田さん。
もう、40年近く前なのに覚えていてくれて、ブログもチェックして頂いていたのですね。当時、家内も同じ会社に勤めていたので、共通の友人ということになります。品川駅で待ち合わせて二組の夫婦でランチを共にしました。藤田さん自身も病気と共存共栄の生活を送っておられます。戦っているのです。奥さんも一生懸命支えておられます。だからこそ、その話には説得力があります。共感できることが多いです。
s2017Fujitasan20170901001

笑顔でランチをいただきながら楽しいひと時を過ごしました。生きる勇気をいただきました。
ありがとうございます。

「長生き出来ないだろうなあ。」という話も出ましたが、お互い長生きしましょうよ!!
2017Ikebukuro20170829013

癌切除手術まであと10日!!

いよいよ、カウントダウンです。
正直、ドキドキしてきました。

その前に入院となるので、仕事の引継ぎ、身辺整理、会っておきたい人々に会う残された時間はあとわずかです。

私の人生における「営業マン人生」も「私の声」も「本格的筋トレ人生」も「カラオケ人生」もあとわずかです。

そんな、今日は、月刊ボディビルディングの鎌田編集長主催で、ボディビル界のアニキこと吉田真人さん、ボディビルダーであり、ミュージシャンであり、実業家でもある笠松さん、そして私が成増のインド・スリランカ料理「ハイファイブ」に集まりました。

s2017GetsuboKamata20170902003

平均体重90kgのパワフルメンたちに強烈なパワーと激励をいただきました。

元気百倍!!勇気百倍!!パワー百倍です!!!
s2017GetsuboKamata20170902009
(※アニキのパワフルな胸板すげえです!!)
s2017GetsuboKamata20170902010
(※男性とはハグしない主義?の編集長と初めてのハグです。)
s2017GetsuboKamata20170902011
(※笠松さん、ありがとうございます!!)

編集長、アニキ、笠松さん、ありがとうございます!!感謝の気持ちで一杯です!!

明日は、多摩ジムで有志が集合!!術前、最後のジム活を予定しています。

今日、手術前最後の検診に行ってきました。

内容は主に11日後に迫った手術についての疑問、質問です。

「鎖骨、胸骨。肋骨を残せないか?(戻せないか?)」については・・・

やはり、呼吸をする気管孔(胸に開ける呼吸のための穴)を胸に作るためには鎖骨、胸骨、肋骨の切除は避けられないとのことでした。残念ですが「生きる」ということを優先するしかありません。

それならば、術後に「骨が無くても筋トレが出来る」ことを証明したいと思います。

加えて「気管孔の大出血の可能性」について聞きました。

これは、胸のど真ん中に本来の呼吸とは異なる呼吸のための孔を開けるという人体改造をするわけですから、術後数ヶ月は合併症、動脈出血による窒息、出血死のリスクが続くとのことでした。

「ぞぞぞっ」です!!

また、「癌の範囲が広くて取りきれないこと、そのために術後に放射線治療のための再入院が必須であること」の説明がありました。

また、甲状腺、副甲状腺を全摘出するために、術後は、一生、甲状腺ホルモン剤、カルシウム剤を飲み続けなければならないそうです。

手術してどれだけ生きることが出来るか疑問ですが、このまま放置して3か月後に「呼吸困難」で突然死ぬより「未来を生きるための選択」をします。

術後、生還できれば、5年後、70歳までと目標を決めて充実した5年、70歳までを生き抜く決意です。

本来、のんびり屋で怠け者なので時間を区切られたほうが、ゴールを決められたほうが、ダラダラ生きるより充実した人生が送られると思います。

術後の体でできる事、今まで人生における経験を生かす情報発信をやります。

そして、孫の顔も見なければなりません。

応援してくれるみなさん応援ありがとう!!感謝です!!頑張りマッスル!!
m2017KamedaClinic20170901001

術後の生まれ変わった自分を妄想する。

実は、私、「神様が自分を選んで与えてくれた試練!!!いや、チャンス!!ステージ4から必ず復活するぜ!!」「抗がん剤もない、放射線も効かない、転移しやすい、再発しやすい腺様嚢胞癌!?上等やないか!相手にとって不足なし!!」などと強がっていますが、実は怖いんです。手術前日に病院から逃走するんじゃないかと思ったこともあります。

「骨が無くなったらどうなるんだろう?」「麻酔が切れたらどんな痛みが襲ってくるんだろう?」「痛くて眠れないのではないだろうか?」「痛くて気が狂わないだろうか?」「それならいっそのこと手術中に逝ったほうが楽じゃないか」などとびびったこともあります。

でも、ままりんとの会食でままりんさんからいただいた言葉・・・「術後の痛みは生きている証拠、回復への痛みだから我慢出来るはず・・・。」
「私なんて最後には「最悪でも死ぬだけ」と思って開き直ったよ。」

そうだよね。開きなおろう!!それに命あっての物だね。好きな歌が歌えなくてもギターは弾ける。好きなおしゃべりは出来なくてもラインは出来る、営業の仕事は出来なくなっても他に出来る仕事は必ずあるはず。

気管がなくなり、鼻や口で呼吸をせず、胸に開いた気管孔での呼吸になるため、息む筋トレは出来ないというけれど、40年間培ったアイソメトリックス、スロームブメント、チューブトレーニングetc...のノウハウを駆使すれば絶対出来る!!

鎖骨、胸骨、肋骨がなくなるからベンチプレスは出来なくても太い腕は作れるはず!!

一時は、迫り来る手術への恐怖、突然、来るかもしれない死への恐怖に背中が痛んだり、体調不良になったけど、今は術後の生まれ変わった未来を生きる夢を見るようになってきている自分です!!
biceps
(※フロントポーズは無理っぽいけどこのポーズなら出来るかも!!)

↑このページのトップヘ