BIG TOEの「未来を生きるために!!」

健康を自負していたボディビルダーに突然降って沸いた「ステージ4」の癌宣告。それも効く抗がん剤もない、放射線も効かない稀少癌、しかも、気管内と言う悪条件で生き残る可能性は成功しても大きな後遺症が避けられない命を賭けた大手術のみ。 そんな現実に直面して思う人生あれこれ。家族のこと、友達のこと、仕事のこと、趣味のこと、生きる意味、人の優しさ、真っ当な生き方について語ります。

昨夜も寝付かれぬ夜でした。

そして、明け方近くの午前4時。まどろむ中、トイレに行こうとしてふと右前胸部頚部のドレンを見ると血で真っ赤。床につくまでは左前胸部頚部ドレンと同様に色も薄くなり量も減っていたのに。

驚いてナースコールしました。ナースが自宅に居たドクターを呼び、さっそくエコー検査と採血。

結果、右前胸部に血溜まりが確認されたものの貧血もなく血液の色から動脈血ではなく咳か何かが原因て手術部付近で軽い出血が起きたか、どこかに溜まっていた血液が出てきたものと判明。

時間の経過とともに落ち着くだろうとのことでした。

お陰様で今は落ち着いています。しかし一時は『再手術』が頭に浮かびビビりましたよ。

明日で手術から2週間の週に入ります。2週間目の火曜日の全摘出した喉の検査がOK であればいよいよ半月ぶりに水が飲めます。楽しみです。

[画像:31687f04-s.jpg]
[画像:34fcbb26-s.jpg]

もともと能天気な私。

喋れなくても余計なこと言わなくていいやん。
カラオケ?聞く側に回ればいいやん。
ギター?弾き語りは出来ないけど弾きは出来るやん。
電話?ライン、メールがあるやん。
どっちかと謂えば、今まではしゃべり!高倉健のような寡黙な男の人生もええやんくらいに思っていました。

しかし、術後、実際になってみると、、、、、なんと不便か、、、、、

声がでないに加えて、上体が思うように動かないこともありシェスチャーも出来ない。首の付け根から左右上下に切開しているから仰向けに寝た状態から首も痛恐くて起こせない。
その状態でノートと鉛筆を持たされてもノートは見えない、手は上がらないから書きようがないのです。
読唇術を習得してない限り、いくら家族でも私の口の動きを見てもなかなかわからない。何度繰返してもわからない。

『なんでわからないんや』と思ってしまう私。
一生懸命理解しょうとしても『言いたいことがわからない』と途方に暮れる家族。

『ここが痛い』と言っても指で指せないもどかしさ。筆談で伝えたいが頭を上げられないのに加えて老眼まじりの近眼ということも手伝ってノートが見えない。ノートの上の方まで腕が上がらない。それを家族はわからない。私が悲しそうな顔をすると家内も泣きそうな気分になる。

術後数日間はそんな感じでした。

今、
術後、11日が経過。コミュニケーションも少しずつですが良くなってきています。

腕も少しずつですが上げられるようになってきています。仰向けに寝た状態から体の位置を変えることも出来るようになってきました。

体が日常生活が普通に出来るレベルに回復すれば、次はコミュニケーションの問題に全力投球です。タイプしてボタンを押せば音声に転換される機器でしょうか。

困難を乗り越え家族の絆がますます強くなるのを感じるこの頃てす。
[画像:5a30c519-s.jpg]

リハビリは20分歩行を1300m、1400m、1600m、1700mと更新し昨日からエアロバイクです。

今日は負荷(ワット数)を10ワット上げて20分漕ぎましたよ。

加えて、痛みと上半身が動かせないため夜中に背面が痛くて眠れないので時間を有効利用するためにスタンディングカーフレイズをベッドサイドで5セットから10セットやっています。

来週末には体液を出すためのドレン2個、栄養補給、投薬用チューブも外れるのでもっと眠れるし運動も出来るようになるでしょう。

ガンバ![画像:4119aea2-s.jpg]

手術成功以来、やはり、上体の、傷が大きいことと、鎖骨、胸骨、肋骨4本を切除したためでしょう。上体か動かせないため、寝返りもうてず、眠れない長い夜を過ごしています。

K先生も『今が一番辛い時だろう』とおっしゃってました。今はただ耐えます❗

リハビリは、昨日は20分1700m歩き、今日から歩くことからエアロバイク漕

[画像:c26d2176-s.jpg]


手術から一週間です。[画像:8b57b4d5-s.jpg]

幸いにも食道への癌の浸潤がなく食道を残せ、小腸移植、胃袋の吊り上げをしなくてすんだので手術時間も半分ですみました。

回復時間も短縮、放射線治療も短縮され年内には一応の完治。あとは自宅療養、銀座のクリニックへの通院になるのではないでしょうか。

現在、体のあちこちに繋がったチューブ類はあと2週間程度でとれる予定です。

飲食は検査で問題がなければ、あと一週間で水から始められます。

手術の傷が付くのは3週間が目処のようです。

辛いのは鎖骨、胸骨、肋骨を切除したため、上半身の自由が効かず寝返りが打てないため背中や尻が痛くて眠れないこと、胸にあけた気管孔にあがってくるタンの吸引の苦しさです。

しかし、日々、改善。早期社会復帰、トレーニング復帰を目指します。近況報告でした。

PS. 会社の山本さんに脅かされて心配していたおちんちんの管は取り越し苦労でした。良かった!

PS2.
午前リハビリ。歩行20分、1500m。肩甲骨運動。
午後リハビリ。歩行20分、1600m。肩甲骨運動。
[画像:fdc5d1d7-s.jpg]

手術後六日目のリハビリ。

今日は午前1300m20分、午後は1400m、20分歩きました。合計2700m、40分ですね。

しかし、上半身はまだ動かせないため不自由です。

左右の鎖骨半分切除、胸骨半分切除、肋骨左右二本ずつ切除。つまり、胸鎖関節が無いわけですから傷の治癒後にリハビリでどれだけ動かせるようになるのか疑問ですがやりますよ! [画像:538ee326-s.jpg]

術後、保護具とチューブで固定された体でやっと何とかスマホを操れるようになりました。

そんな体で術後10数時間でチューブだらけの体で早くもリハビリが始まり歩かされました。今は回復を早め、合併症をふせぐためにそうするとは、聞いていましたが、これには流石にびっくりしましたが頑張ってます。それよりもチューブまみれで、骨を肉をとる手術をされた上半身が動かせないため眠れないのが辛い。気管孔のタンの吸引もかなり辛い。しかし、痛みは生きている証。頑張ります。No  pain, no  gain は、まだ、始まったばかりです。などと格好をつけていますが、しばらくはブログを更新する余裕はないかもです。しかし、こんな難しい手術をやってのけるドクターたちも、看護師さんたちも凄いですね!感謝することしきりです。まずは、手術成功の報告でした。
[画像:c82c35bb-s.jpg]

今日、千葉県鴨川市の亀田総合病院に入院しました。

早速、PET検査、心臓エコー、体位、体力測定、ボルダインの練習、耳鼻咽喉科の診察、麻酔科の医師による硬膜外麻酔等の説明、手術についての説明、経口補水液アクアソリタ、下剤センナリドの服用などなどと結構忙しい手術前日となりました。

順調に行けば、明日で腫瘍とはサヨナラですが、ステージ4に成長した腫瘍は恐らく取りきれない、その為、断端部への放射線治療が必要になると主治医N先生からうかがっていますから、戦いは始まったばかりです。

応援してくれる家族、親戚、魂で繋がった友人たちの思いをパワーに変えて生還します。

そんな中、親友の全日本プロレスのゼウスが虎の御守りを持って鴨川まで会いに来てくれました!!


強い、強い男から熱い熱いパワーを受けとりました!!


12日、虎の日は二人にとって熱い熱い魂の闘いの日になります!!
[画像:2cf9f646-s.jpg]
[画像:1f2eaac8-s.jpg]
意識が戻り次第、早期にブログ復活致します!!

安房鴨川に到着!!

家族が宿泊するホテルから戦いのステージが一望できます。

今夜は手術前最後の食事になります。術後はいつから食事ができるのでしょう。
[画像:03d2d017-s.jpg]
[画像:5ab23247-s.jpg]

わかしお9号で安房鴨川に向かっています。手術の成功を予期するかのように真っ青な空が広がっています。今日は母の月命日。明日は父の月命日です。そして、決戦の日、12日は虎の日です。仲間たちからの熱い念を感じます。
闘志が湧いてきました。

移動中、スマホからのブログ更新方法を学びました。これで明日まで更新可能です。

術後、何日で再会出来るか楽しみです!

↑このページのトップヘ