★未来を生きる為に★BIGTOEの「筋トレが救った癌との命がけの戦い」

健康を自負していたボディビルダーに突然降って沸いた「ステージⅣ」の癌宣告。それも効く抗がん剤がない、放射線も効かない「腺様嚢胞癌(せんようのうほうがん)」という聞いたこともない稀少癌、しかも、気管内と言う悪条件で生き残る可能性は成功しても大きな後遺症が避けられない命を賭けた大手術のみ。 そんな現実に直面して思う人生あれこれ。 2019年1月「筋トレが救った癌との命がけの戦い~腺様嚢胞癌ステージ4からの生還~」という書籍に。アマゾン、楽天ブックス、体育とスポーツ出版社のホームページなどから購入できます。

★★★がんの治療経過★★★
2017年7月 ステージⅣの腺様嚢胞癌(気管癌)発覚
2017年9月 亀田総合病院にて気管切除、喉頭部全摘外科手術・永久気管孔制作 声、臭覚を失う
2017年11月 放射線治療
2018年2月 退院 千葉県鴨川での療養生活に入る 6月勤務先を退社
2019年1月 「筋トレが救った癌との命がけの戦い」(体育とスポーツ出版社)出版
2019年4月 入院して気管内留置ステント抜去を試みるも気管狭窄で抜けず
2019年6月 口腔内骨腫、白板症切除手術
2020年11月 腺様嚢胞癌の肺転移発覚
2020年12月 肺部分切除手術にて肺転移巣切除 現在、経過観察中・・・
2021年6月 産業医科大学第1外科 佐藤典宏先生の著書「がんに負けないたった3つの筋トレ」で紹介されました。
「完解」のない腺様嚢胞癌との戦いは一生続きます。

★★★がんサバイバーとしての筋トレ(2022年現在)★★★
◎体幹と大きな筋肉を鍛え血流を促すことで免疫力向上、心肺機能向上を目指しています。運動により上がった脈拍、呼吸の回復時間、血圧、血中酸素濃度のチェック、そして本人しかわからない感覚(医療従事者は数字で判断しますが、数字では判断できないもの)で体調を管理しています。

《下半身・心肺機能》
(月・水・金)
◎スローブルガリアンスクワット 10秒で下ろす10秒で上げるで7回×3セット
◎ワンレッグカーフレイズ 120回×1セット(末端への血流アップ目的)

《背中・姿勢の維持》
◎公園チンニング(ワイドグリップ・アンダーグリップ・ハンマーグリップを交互に) 週2回実施


《肩・胸》週2回
◎ダンベルサイドレイズ
◎公園スロープッシュアップ

《腕 太い腕作り・末端までの血流向上》週2回
◎コンセントレーションカール
◎公園トライセップスイクステンションwithチェーン
◎チューブトライセップスプレスダウン(時々)
※ストレッチ・腹(公園ハンギングレッグレイズ 毎日)

★★★がんサバイバーとしての生活習慣★★★
◎1日1回呼吸ハアハア、心臓ドキドキの運動習慣(心肺機能の維持向上)
◎平日は筋トレ(筋肥大、体力向上、全身の血流アップ)
◎1日10分の日光浴(ビタミンD生成)
◎水を飲む習慣(老廃物を出す)
◎野菜、果物、キノコ類、ナッツ類、豆類、発酵食品飲料(ヤクルト1000、EM-X)を積極的に摂る
◎体を冷やさない(血流アップ、免疫力アップ)
◎血圧、脈拍、呼吸、血中酸素そして感覚で体調チェック
◎笑顔で幸せを感じる・楽しいこと、気持ちのいいことをやる・会いたい人に会う・生きる目的を持ち充実した日々をおくる
◎ストレスを与える人間には近寄らない★これ大事です!!

コロナ禍に入ってから2年半を迎えます。この間、どうも世界中が急速におかしくなってきている気がします。

 

最近の「ファイトー!一発!!」俳優の渡辺裕之さん、ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんから俳優 三浦春馬さん、竹内結子さん、プロレスラーの木村花さんと有名人の自死が相次いでいます。 

 

誰にも人それぞれ人知れぬ事情や悩みがあるものですが、名もあり、容姿、才能にも恵まれ、多くの方が職を失うコロナ禍でも仕事的にも経済的にも恵まれ、はた目から見れば順風満帆、何の不自由があるのかと思われる方々です。

sKasasan20200730001
(※By か~ささん)
 

一方、生きたくてもがんをはじめとする不治の病や事故で死んでいかざるを得ないひとが大勢います。

 

コロナ禍の面会制限の中、「生きたい!生きたい!」と思いながら、願いかなわず、会いたい人にも会えずに亡くなっていったがん友が大勢いました。


 

「やらなければ自分たちが侵略される」と自己正当化するロシアの被害妄想狂人プーチンが始めた「ウクライナ侵略戦争」では平凡に暮らしていた多くの民間人がまるで「戦争ゲーム」をするように無慈悲に殺されています。

 

私自身はステージⅣの希少癌宣告を受けて以来、「来年の今頃はここに居ないかもしれない。」と常々思いながら11日を生きてます。途中死ぬかもしれない、成功しても障害の残る体になるため手術を躊躇っていた私への友の言葉「自分ならどんな体になっても生きて、生まれ変わった体で奇跡を起こします。」「胸の穴で呼吸?胸に鼻が付いたと思ってください。」「生きてください!5年後、10年後に一緒に笑いながら食事をしましょう!」と背中を押してくれた友に感謝です。

 

長引く入院中、なお不安に襲われる自分を「不安とか心配は現実に起きていないことに対する妄想です。」と励ましてくれた義兄弟に感謝です。

 

素晴らしい外科医との出会い、素晴らしい家族、親戚、友人たちに恵まれて生きて来られたのだと心から感謝する毎日です。そして、7月には癌宣告、余命宣告から丸5年を迎えます。その間、幸いにも断捨離、終活を進める時間も与えられ、自らのDNAを未来につなげる二人の孫息子にも恵まれました。

 

多くの若い友ががんで旅立つなか、私が今尚、こうして生かされていると言う事はまだこの世での役割を終えていないからなのでしょう。

sBigtoeHome001
(※終活のひとつです。いつでも入れるところが出来て安心です。)

人生100年生きたとしてもたったの36500日。健康寿命は30000日足らずです。この世に生を受けたものは、いつかこの世での役割を終えると、例外なく天に召されます。ただ、少し長いか短いかだけです。長ければ幸せとは限りません。短いから不幸とも限りません。

 

1日あっという間だよ。1年あっという間だよ。10年アッと言う間だよ。100年もきっとあっという間だよ。人生アッと言う間だよ!!

 

「起きてもいないことを心配し不安に思うことは妄想です。」

Proverb040◆起こっていないことを心配しない◆

コロナ騒動「妄想」、多くの有名人の自死「妄想」ロシアによるウクライナ侵略戦争は「プーチンの被害妄想」なのかもしれません。

 

いつか必ずお迎えが来るのだから自ら死んではいけない。ましてや人を欺いたり、巻き込んだり、殺しては絶対いけません。これはいくら正当化しようと犯罪です。

 

人生は短いです。

せっかく生れて来たのだから、妄想にとらわれず、

笑顔で最後まで人生を楽しみましょうよ!!

PROVERB0021◆自分の心が決める◆

 


「笑えさとりし人よ」よしだたくろう


沖縄返還から50年経つのですね。

 

そのころ、私はちょうど岡山県倉敷市で高校生をしていました。沖縄返還のタイミングでデビューしたCYNTHIAこと南沙織さんの大フアンで、大学に進学してからはアルバイトでお金をためては沖縄、石垣島、西表島、竹富島と行ったものでした。

OKD75.004
 

当時は、今では考えられないことですが、「平凡」「明星」の芸能雑誌に歌手の故郷記事があり何と自宅の住所、地図まで掲載されていたのです。

 

大学2年の夏、友人たちと3人で沖縄へ。途中、二人と別行動をとり持参した地図を手にシンシアの母校に。確かクライストザキングスクールだったかな・・・。そこで偶然に知り合った男の子がシンシアの弟さんの友達で「南沙織、今日、家に帰ってきているよ。」とのことで、なんと自宅まで連れて行ってくれたのです。生憎、すれ違いで憧れの人には会えなかったのですが沖縄での良い思い出になりました。

OKD77.004

 

当時、シンシアのフアンクラブにも入っていて、大阪でのコンサートにもよく足を運んだものです。その後まもなく人気絶頂期に突然芸能界を引退。翌年には写真家の篠山紀信さんと結婚されました。私の恋がはかなく終わった瞬間でした()

1973.CynthiaFC1r
 

あれから半世紀近く。今でもシンシアは心の中に居て、彼女の歌は良く聴いています。

「ちむどんどん」してきました!!

1973.Cynthia001

 

71'17才」72'「純潔」73'「色づく街」74'「夏の感情」75'「人恋しくて」南沙織


コロナ禍ということで密にならない、マスクも不要な「公園筋トレ」がんと共生するための体力の維持向上免疫力向上を目的に行っています。

GIFHtBackChinupUG20220418001
 

なぜ筋トレを勧めるかと言えば、

 

人が自分の意志で変えることが出来その成果が目に見えて現れ、自分の目で確認出来るからです。しかも個々の体力に合わせて誰にでも出来るからです。

 

第二の心臓と言われるふくらはぎ、前腕などの末端に近い小さな筋群も全身の血流アップには欠かせないのですが、やはり足腰、背中、胸などの大きな筋肉を使うことが更なる血流アップ、体重アップ、体力向上、免疫力アップのために重要だと思います。

 

がんや大病をすると悪液質などの影響で体重が激減します。その対策として、カロリーの高い吸収しやすいものを摂取するとともに大きな筋肉を衰えさせない、増やすことが重要になるからです。(エビデンスはありませんが、マイオカインのような未知の天然の抗がん物質の分泌があるかもとの期待もあります。そして、「俺は負けない!」と病と戦う自信になります。)

 

私の場合、大胸筋ががん切除手術でほぼ無いので、背中、脚、尻トレが筋トレの中心となります。運動には、代表的なものとして筋トレ有酸素運動がありますが、入院や手術で体力がない人は運動の基本である歩行から始めます。一定期間続けて体力がついてくると筋トレを採用することをお勧めします。筋肉には多くの毛細血管が走っており筋トレをすることで有効に全身の血流アップが出来ます。理想は、スクワットなどで足腰の大きな筋肉を使う筋トレですが、体力のない人は前腕、ふくらはぎなどの末端の小さな筋肉を動かすことから始めるといいでしょう。

 

普段から筋トレ習慣があった私でも、手術、放射線治療後は歩くことから始めました。退院後は15㎏減った体重を取り戻すべく筋トレを再開しました。

 

そして、健康だったころとは比較になりませんが、がんサバイバーとは思われない筋肉を取り戻しました。これは、普段からの筋トレ習慣があったことで「マッスルメモリー」が働いたからです。

 

皆さんには、健康な今から筋トレ習慣をつけておくことをお勧めします。すでに闘病中の方も無理をせずに出来る運動を始めることをお勧めします。

sBigtoeSideback303540506066
 

30歳からがん闘病期をはさんで6611か月現在までの同じポーズでの比較写真です。体重が」15㎏以上減った時は悲惨な状態でしたがかなり戻ってきています。目標はがん罹患前、60歳時の体です。

BIGTOEの筋肉物語』レビューより「スロートレーニング」

 

近年では日本でも東京大学の石井直方先生「スロトレ」と称してその効果を発信しておられますが、それ以前は軽重量では、「遅筋を主に使い速筋を使わないから筋肥大が起こらないのでは」とか、「稼動する筋繊維の数が少ないから筋肥大しないのでは」と言った懸念もされていました。

Kuise20220509029s

筋繊維の破壊、修復ということから考えてヘビートレーニングと全く同等の効果とは言いませんが、高強度トレーニングのバリエーションとしてその効果は絶大と言えます。同時に、関節への急激な負荷がかからない為、関節を痛めるリスクが少ないというメリットもあります。石井先生が著書「いのちのスクワット」スロースクワットを推奨されている所以でもあります。

 2021.11.17.InochiNoSquat001

【スロートレーニング】

 

◎スーパースロートレーニングとは?

米国のケン・ハッチンスによって提唱された「スーパースロートレーニング」は、通常のウエイトトレーニングに比べて、極めてゆっくりとしたスピードで動作をおこなうため、安全かつ効果的なトレーニングとして知られています。

 

やり方としては、軽い負荷で、10秒で挙げて5秒で下ろします。反復回数は10回、頻度は1週間に1回程度、負荷を徐々に増やしていきます。

 

◎スーパースロートレーニングへの疑問

スロートレーニングでは、「軽重量しか使えないため、遅筋を主に使い速筋を使わないから筋肥大が起こらないのでは」とか、「稼動する筋繊維の数が少ないから筋肥大しないのでは」、つまり「速筋を刺激するには高重量を用いなければならないのではないか」、とかいった考えもあるようです。

 

◎私としては・・・

私としては、筋肥大に最も大切な要素は「強度」ではないかと思います。「いかに短い時間に筋肉に強い刺激を与えるか。」今、トレーニング時間が朝30分しかとれない生活環境下を利用して、短時間に強い刺激を与えるため、腕、脚、肩に「スロートレーニング」を4ヶ月前から取り入れています。

上腕囲で2センチ、体重で4キロ増えています。そのことから、スロートレーニングでは速筋を使わない、筋繊維の稼動数が少ないというのは当たらないのではないかと思っています。

そして今、次のステップとして、さらに強度を増すため2秒で挙げ、10秒で下ろす(ネガティブ重視)、さらにディセンディングセット(3ドロップ)を併用した変則トレーニングを行なっています。レップは5レップス、頻度は1部位週1回です。

 

時間管理はスポーツ用メトロノームを使っています。

 

◎スロートレーニングで特筆すべきこと

「スロートレーニング」で最も特筆すべきことは、関節に優しく怪我をしにくいという点にあります。私自身、肘に軟骨が出て関節に爆弾をかかえており、通常のトレーニングでは少しでも無理をすると、痛みが出て「もう無理かな」と思っていたのですが、「スロートレーニング」を取り入れて以来、一度も痛みが出ずに2センチのサイズアップができたのです。

この調子でいけば、この年齢、この肘にして、カムバックも不可能ではないとも思えるくらいです。

それが、スロートレーニングがアスリートだけではなく、高齢者、リハビリ、私のような故障持ちにも有効と言われる所以でしょう。

m-Kamogawa20180810013A
 

(※20188月 石井先生も私も本格的な筋トレも「がん罹患」という大病からのリハビリで「スローな筋トレ」を実施。その効果を身に染みて感じています。)

ニコニコ動画

※「コメントを表示しない」をクリックすると見やすいですよ!!

 

【尼崎の人情医師 長尾和宏コロナチャンネル】

#726_僕のクリニックではもうPCR検査は終わりにします!』

(2022/05/05)

※やはり自然免疫が一番大事なんですね!!

 

#728_無責任、お門違い、陰謀論者、正義中毒…SNSで僕を叩く人たちへ』

2022/05/07

 

『ワクチン接種後、癌細胞が急速に倍増し拡散する』(ライアン・コール博士)

(2022/05/06)

 

体に本来備わっている免疫反応が停止しがんを進行させる!?

これが本当かどうかわかりませんが、本当ならば近い将来、自分の選択は正解だったと言えることになるのでしょう。そうでなくても自己責任で自分の判断した結果ですから後悔はありません。

今朝の公園筋トレのターゲットは「腕」と「腹」(腹は毎回34セット実施)。

Kuise20220506010

と言っても、上腕三頭筋は公園の遊具のチェーンを使った自重トライセップス(別の日に行うプッシュアップでは大胸筋がないため上腕三頭筋でプッシュしているのでそれも効いていますね)、上腕二頭筋スローアンダーグリップチンニングのみ。

Kuise20220506033GIF
 

食事を減らしたこともあり体重は減っているのですが、筋トレの各種目は出来る回数が伸びているので気にしません。
Kuise20220506034GIF

帰宅後、腕を測ってみましたが・・・サイズダウンしていません。もしかしたら太くなっているかもです。元ビルダーのがんサバイバーとしては、ほくそ笑んでいます()

 

気管孔での呼吸では無理は出来ませんが、少なくとも以前より辛くなったとか、しんどく感じることはなく現状維持はしています。

 

23日に半年に1度の造影CT検査が待ち構えていますが、おそらく大丈夫でしょう。大丈夫じゃないかな。ま、ちょっと覚悟はしておきます。(「関白宣言」かい!!()

 私は5年前にステージⅣのがんを罹患しました。

生きる為の手術でがんとともに気管のほとんど、甲状腺、声帯を含む喉頭部全体、周辺リンパ節、筋肉、鎖骨、第一第二肋骨、胸骨といろいろなパーツを切除したため一生治らない障害が残りました。それでも医師に言われた「5年後の生存率40%未満」はクリア出来そうなところにきています。筋トレも出来る事はしています。支えてくれた家族、応援してくれた友人たちすべてに感謝です。

その間、世の中では、「平成」から「令和」に変わり、2年以上続いている「新型コロナウイルス騒動」で人と人が肌で触れ合う生活が奪われ、ソーシャルディスタンス、マスクが当たり前という奇妙なことになってきています。

コロナ前では、帽子をかぶって眼鏡かけた人がマスクで顔を隠して出歩いたり、コンビニに入っていけば「怪しい奴」だったのが、今ではマスクで顔を隠してないと「犯罪者」を見るような目で見られます。

幼子は、物心ついた時からマスクをさせられ、お友達のお顔も覚えられない、運動するときにもマスク、プールの授業でもマスクと言ったバカげたことをする学校もあるそうです。マスクの目よりはるかに小さなウイルスを防ぐメリットより酸欠などの健康被害、成長への弊害の方がはるかに大きいのではと心配してしまいます。

若者は、彼女、彼氏を見つけるにも相手のお顔も見られない、恋人たちは・・・まさかマスク越しのキスとか手を握るかわりに肘タッチ、グータッチなんてしてないよね。ただでさえ高齢者社会で、子供が減り、人口減少が止まらないのに、日本の未来はどうなるの???

友人の息子さんたち。年頃で彼女も居るのに「未来に夢が持てないから結婚はしない」と言っているそうで友人「孫の顔も見られない」と嘆いています。


1995年の阪神大震災のころから、東日本大震災をはじめとする大きな地震、大型台風、豪雨災害、火山の噴火などの自然災害が頻発していますし、放射能、産業廃棄物、プラスチックごみ、大気汚染、海洋汚染など人類による環境汚染への地球の怒りなのかもしれません。

東南海地震、南海トラフ地震、首都圏直下型地震などの大地震が今後、30年以内に70%以上の確率で起きると言われています。 ここ数日、沖縄から北海道まで・・・ここ近畿地方でも地震が頻発しています。そろそろでかいのが「ドカーン!!」とくる前触れかもしれません。阪神大震災が起きる前にも能勢、京都あたりで地震が頻発していました。


海外では、ロシアの狂人、屁珍「ウクライナ侵略戦争」を始め、核戦争、第三次世界大戦勃発が懸念されています。中国、北朝鮮の脅威も身近なものになりつつあり、ロシア、中国、北朝鮮の東の隣国である日本がいつ戦争に巻き込まれても不思議でない状況です。


フォーククルセイダーズ/何のために





冒頭に自身のがんについて書きましたが、還暦を過ぎての罹患は個人的には幸運でした。人生において子育てが終わり、働き盛りという年齢を過ぎ、これから先長生きしたところで、日々歳をとるだけで、大事を成すこともないだろうし、生きていてもさしたる意味はないようにも思えるからです。昨今の世情を見ていると「生きていて楽しい明るい未来」ばかりではないとさえ思えてきます。

私のような年寄りは別として、「問題は若い世代」。子供、孫の世代が「生きていて楽しい明るい未来」を思い描けないということ。 老若男女「生きていれば良いことがある」、「生まれてきてよかった。人生は素晴らしい!」と思えるような世界になってほしいものです。

3年ぶりに緊急事態宣言による移動規制のないゴールデンウイーク。あちこちの観光地には積もり積もったフラストレーションを発散すべく観光客が繰り出しているようです。

 

個人的には、当初からそうでしたが、時間の経過、変異とともに弱体化したとされるコロナウイルスには何の恐怖感もありません。がん切除手術による気管孔呼吸を維持するために1日3~4回のネブライザーの必要があるため、コロナ騒動前から5時間を超える外出、遠出にはネブライザーを持参し、そのための場所を確保する必要があるために遠出をしなくなったことから、コロナ禍の移動制限もゴールデンウイークも他人事なのです。

 

楽しみと言えば、日常的に行っている近所の公園での筋トレ、散歩、たまに行なう親しい友達との公園飲み会、亀田病院退院後からはまった韓国ドラマ、そして、趣味はお酒と終活という何とも退屈な日常にどっぷりと浸かっているのです。

sKou20220503038
 

そんな私に娘と昨年生まれた孫息子2号が泊りがけで遊びに来てくれました。我が一人娘は当然可愛いかったのですが、男の子はまた違う可愛さがあります。孫息子1号は3歳、2号は0歳ですが成長とともにそれぞれの個性が垣間見られます。

 

私は古い人間なので「腕白でもいい逞しく育って欲しい!」と強さと優しさを備え持った男に成長して欲しいと願っています。出来れば筋トレもやってほしいのですが我儘というものでしょうか。

 

笑顔を見るだけでこちらも笑顔になり、心が癒されます。そんな幸せな時間はあっという間に過ぎ去り、夕方に帰っていきました。幸せと感じさせてくれる時間と孫息子たちを授けてくれた娘に感謝です。

sKou20220504019

 201411月、私の最愛の母が亡くなった時に看取ってくださったのが当時六甲病院で勤務されていた関本医師でした。

仕事の展示会で滞在していた東北で「危篤」の知らせを受け、急遽、予定を変更して車で埼玉の自宅へ。自宅へ着いたのは午後10時過ぎ。すでに神戸に向かう新幹線、飛行機、夜行バスも間に合わない時間でした。電話で関本医師と話した時に「今から車で神戸に向かいます。」と言うと、「すでにチアノーゼが出ていますから明け方までもたないでしょう。夜道を埼玉から神戸まで走って事故でも起こしたらどうするんですか。手を握って見送ることだけが看取りではありません。」と話してくださいました。この数時間後に母は息を引き取りました。

 

その3年後、自らのステージⅣの気管癌罹患。手術、治療で退職を余儀なくされ、関西へ戻ったのですが、間もなく関本医師がステージⅣの肺がんを患っておられることを知りました。

 

その関本医師が亡くなられたとのこと。

 

母の逝去に際しては大変お世話になりました。心よりご冥福をお祈りいたします。

 

合掌

 

 

【長尾和宏コロナチャンネル】

#719+_追悼・関本剛さん。最期まであなたは真の医者だった +2020年の対談と関本剛さんの熱唱(3530秒~) 

 

2020年長尾和宏医師、関本剛医師対談『がんとコロナ』について熱く語っておられます。最後には関本医師の「また会う日まで」の熱唱も。時間は30分強と長いですが是非ご覧ください。

 

2017年の「気管腺様嚢胞癌切除手術」、その後2年以上続く「コロナ騒動」「癌の肺転移巣切除手術」「ジムでのトレーニング」は近所の「公園の遊具を使ったトレーニング」に変わりました。

s-KikankouOpe7
sOpeBoneMuscle2017

 

※私自身、2017年の手術で気管のほとんど、声帯、甲状腺を含む喉頭部、呼吸のための気管孔を胸に作るために両鎖骨、第一第二肋骨、胸骨、右大胸筋を切除しました。外科医には「筋トレは難しい」と言われましたが、自身のノウハウで出来ていますし、結果も出ています。


sBodyBack20182021

※半年の入院で体重は15㎏減。骨も切除したため体も歪んでいましたが、ここまで戻っています。

 

筋トレのノウハウを熟知した者熟知していなくても、適切な指導者の元であれば・・・

 

一般の方でも、ボディビルダーのような「太マッチョ」ではなく、ブルース・リーや体操選手のような「細マッチョ」の体を目指すのであるならば・・・

 

「病気と戦うための体力作り」「免疫力向上」が目的ならば・・・

 

公園の遊具、自重、チューブを使った筋トレで充分です。

 

開放された広い空間新鮮な酸素を吸いながら、今、巷で問題視されている、密室、密接、密集もマスクも不要だし、料金もかかりません

 

20225月現在、がんサバイバーの私が習慣的に行っている「公園定番筋トレ」です。

 

《背中》

3つのグリップを日替わりで変えることで筋肉への刺激を変えています。

3種目とも空を見上げて胸を張り体を反らせて引き上げること。


チンニング(パラレルワイドグリップ)

GIFHtBackChinupPG20220406001
 

チンニング(アンダーグリップ)

GIFHtBaclChinupUG20220406
 

チンニング(ハンマーグリップ)

GIFHtBackChinupHG002
 

《胸・上腕三頭筋》

※右大胸筋のほとんどが切除されているため残されたわずかな筋肉が断裂しないように角度をつけて負荷を軽減しています。

プッシュアップ

GIFHtChestPushup002
 

※本当ならディップスもしたいのですが、鎖骨、肋骨、右大胸筋がない体では、体重がもろにかかると断裂の恐れがあるのでやりません。画像のように体重を支える試みはしています。

GIFHtDipsTry20220418001

 

《上腕三頭筋》

※フリーウエイトでのトレーニングより肘に負担をかけることなく自重だけで筋肥大効果が出ています。

トライセップスイクステンションwithチェーン

GIFHtTricepsChainTriceps002
 

《上腕二頭筋》

スローアンダーグリップチンニング

 

《肩》

サイドレイズ

 

《脚・尻》

※日替わりでブルガリアンスクワットまたはヒンズースクワット

※カーフは毎回1セットのみ

ブルガリアンスクワット

GIFHtLegBSquat20220304001
 

ヒンズースクワット

GIFHtLegHSquat20220304001
 

ワンレッグカーフレイズ

 

《腹》

ハンギングレッグレイズ

GIFHtAbHLegRaise00120220406

 

【平均的な週刊トレーニングメニュー】

1日目)胸&上腕三頭筋・腹・脚&尻

2日目)背中・腹・肩

3日目)上腕三頭筋・上腕二頭筋・腹

4日目)OFF

※部位別に中3日。この繰り返しです。

GWスタート!!と言っても、癌罹患、治療で退職して以来、コロナ禍ということもあり毎日がGW生活のBIGTOEです。初日の今日は「公園筋肉MTGの予定でしたが生憎の本降りの雨。

 

盟友SATOさん、カネゴンさんと「ファミレス筋肉MTGに切り替えて実施しました。コロナ禍のレストランは皆さん会話を最低限に自粛して、騒音下では音がかき消される電気人工喉頭でも不自由なく会話できたのですが、流石に皆さんコロナ慣れしてきたのでしょう。今日の店内はワイワイガヤガヤで人工喉頭の音量をMAXに上げての会話となりました。

 

カネゴンさんは、第1回筋肉オフ会からの参加者であり、熱心な筋トレ愛好者。赤ワインを嗜みながら時が経つのも忘れて雑誌には書けない、テレビでは話せない「筋肉裏物語」()に花を咲かせました。

 

帰途につく頃には、集合時には土砂降りだった雨も上がり良い気分でした。明日の雨上がり公園筋トレは背中です。

Kuise20220429005s

今日も早朝5時起きで、まず、ご先祖様に手を合わせ、ネブライザーで気管孔を潤してから近隣の公園へ。

Kuise20220425011s
 

公園では、持参した火ばさみでゴミ集めをしながらの公園筋トレです。雨天の場合を除いてはもう完全に毎日のルーティンになっていますね。

 

呼吸、心拍数の運動中の回復具合、トレ後の血圧、血中酸素濃度は安定を保っています。変わりなく筋トレが出来ていることに感謝です。

 

午後は、医療センター頭頸部外科の定期受診に行ってきました。今回は、CTPETのように体の外からは見えない状況のチェックではないので気楽な受診でした。問診と、気管孔の目視チェックは異常なし。来月23日の採血、造影CT、呼吸器外科、頭頸部外科の受診結果を乗り切れば、亀田病院でのがん切除手術手術から丸5年を明るい気分で迎えることができます。23日が勝負です。

Kuise20220425027s
 

帰りには、妻といつ以来か分からないくらい久しぶりのスターバックスでチョコバナナナバナナ フラペチーノを楽しんできました。お味はそこそこなのですが、貧乏性なので690円はちと高い気がします()

 

明日は、曇りのち雨の予報が出ています。雨が降り始める前に背中、脚、腹を追い込んできマッスル!!

Kuise20220425025s
 

(※まだ、こんなことやっているのですね。どこも人はおらず暇そうでしたが・・・。)

朝の公園。

Kuise20220423001s

Kuise20220423007s

桜はすっかり散り、いつのまにかハナミズキ、ツツジ、フジ、ナガミヒナゲシ、カタバミなどに置き変わっています。

季節の移り変わりを感じる新緑と花の季節。1年で最も美しい頃かもしれません。GWには友とこれらの花の下でお酒を楽しみたいと思います。

Kuise20220423020s

 

この間にもウクライナでは核攻撃をちらつかせる「愚かな悪魔」屁珍の蛮行が続けられていますが、誰もこれを止めることができないという不条理。ミャンマーでは軍事政権が民主主義を唱える国民を全員抹殺すると息巻いています。これがまかり通るなら人類は終わりです。ロシアの東の隣国日本も明日は我が身、ボーッと生きていられるのは今だけかもしれません。

 

優秀な頭脳を与えられた人類は「欲の力」で発展してきましたが、美しい地球の自然を破壊し生命を滅ぼすのは「過剰な欲」にまみれた人類なのでしょう。

 

人類の歴史を振り返れば、戦争の繰り返しです。偶然にも第二次世界大戦後の日本で生まれ、戦争を知らない人生を終えることが出来そうな自分はついています。

今日も青空が広がる爽やかな朝の公園でした。

Kuise20220419006s
(※遊具を利用しての自重トライセップス 肘にも優しく効きますよ!!) 



昨日の背中と脚と腹に引き続き、今日は腕と腹のトレーニングをしてきました。

 

再発、転移への恐れが付きまとうがんサバイバートレイニーとしては、「トレーニング時の体の状態、心拍数、呼吸の回復状況を常にチェック」しながら行うのですが、今のところ大きな変化はありません。

 

いつも通りの筋トレが出来、体調も現状維持出来ていることに感謝です。

ssBigtoePose20220330001
(※ステージⅣがんサバイバーの上腕にも筋トレ効果が・・・)
 

そろそろ国民も気が付きはじめたのでしょうか。国の意向に反して若い世代の3回目の接種が低調です。今朝、ポストに入っていた兵庫県議さんのリーフレットによると「子供のコロナワクチン接種 慎重な検討を!」と題して、10代の子供でのコロナによる「死亡者数4名、重症者数8人。ワクチン接種後の死亡数5人、重篤者数398人ということです。

Kuise20220419009s
 

マスコミも視聴率のターゲットがロシアによるウクライナ侵略戦争に移行してきたこともあり、オミクロンちゃんのニュースがめっきり減ってきましたね。良いことです。

 

尼崎の人情医師

★長尾和宏コロナチャンネル★

 

#706_マッチポンプの第7波! コロナ禍が終わらない理由(2022/04/15)

 

※マッチポンプ・・・自らマッチで火をつけておいて、それを自らポンプで水を掛けて消すと言う意味で偽善的な自作自演の手法・行為。

 

#707_もはや在庫一掃セール? ワクチンの費用対効果を考える(2022/4/16)

「ワクチンの対費用効果なし!」「子供にはメリットがない!」「アストラゼネカ製大量廃棄!」

 

#708_新型コロナは風邪なのか? と訊かれたら(2022/4/17)

「オミクロンは変な風邪」

 


sHG000
 

それより、「ロシアのウクライナ侵略戦争」に心が痛み、怒りを覚えます。屁珍の欲は、「ウクライナ領土を我が物にし、ウクライナの人々を抹殺すること」で、鼻から停戦する気などないのですから、停戦交渉など意味がないです。

 

ロシア国民に賢明さがあるなら内からの屁珍政権崩壊もあるでしょうが、恐怖政治とは言え、侵略戦争開始後支持率83%では救いようがありません。

 

これ以上不幸は人を増やさないように、1日も早く停戦ではなく、「終戦」することを願います。

 

どのような形で終わろうと、終戦後のロシアは孤立せざるを得ないでしょうし、これだけの殺戮を指示し多くの人々から恨みを買う戦争犯罪人屁珍は、地獄に落ちる日まで暗殺の不安と恐怖に苛まれ、恐れおののく日々を送ることになるのしょう。

『猫舌堂茶寮』NHKニュースで紹介されていました!!

 

昨日の16日土曜日。

1日限定で大阪中津、キタの北ナガヤ「shitenにて開催の『食べることに悩みがあっても「食べる喜び」を感じられる「猫舌堂茶寮」』へ妻と行ってきました。

Kuise20220416006s
 

「笑顔の輪ランチ」とデザートを頭頸部がんや口腔部の病気で食に問題がある人でも、薄くて、軽くて、食べやすい猫舌堂のスプーンとフォークでいただきました。

Kuise20220416011s
 

私は、がん切除手術で臭覚を失い、多少、飲み込みに難はあるものの口の開きには問題ないのですが、軽くて薄くて安全なイイサジーは孫息子の離乳食にも最適と思いつき購入して帰りました。

Kuise20220416003s

 

お店では、長引くコロナ禍で長く会えなかった腺様嚢胞癌患者会「TEAM ACC」の仲間たち2年半ぶりの再会を果たしました。コロナ禍に腺様嚢胞癌で旅立った仲間たちにも思いをはせながら、1月に逝去されたTEAM ACCのはまリーダーのコンセプトで「一人じゃないんだ」の気持ちを胸に「生き抜くこと」を誓い合いました。

 

会場には、NHKさんが取材に来ており撮影をされていましたが、私も1.5秒くらい登場していました。感謝!!

https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20220416/2000060234.html


Kuise20220416022


友人たちと久しぶりの外食を楽しんできました。

Kuise20220412001s
 

関西に帰って来た途端のコロナ騒動勃発で友人たちと親交を深める機会は激減。2年半というマイナスの時間経過の間に会う事も出来ず、お見舞いにも行けず旅立った親しい友人は5人を数えます。

 

こんな生活、そろそろ終わりにしませんか!!

 

そんなわけで、マンボウ解除後は「がんサバイバー」であることも忘れて、いや人生の先が読めない「がんサバイバー」だからこそ積極的に出歩くことに生き方を変えることにしました。

Kuise20220412005s
 

2週連続の桜を見ながらの「公園筋肉MTGに続き、今日はネパールキッチン「カトマンドゥ」での「京橋筋肉ランチMTG

 

愚かな一部の独裁者の欲で繰り返される、「誰も幸せにならない無益な戦争」、一部の企業の金儲けと無能な政治家によって続けられる「コロナ騒動」という暗い話題はあっちに置いといて・・・「戦後の半世紀余りの奇跡の日本」で生まれ、好きなボディビルをしながら生きてこられた幸せをかみしめながら友と楽しいひと時を過ごしました。

Kuise20220412011s

 

それにしても、「カトマンドゥ」のナンのでかいこと、これはもう「草履」を越えて「枕」です()

 

お陰様で腹はパンパン!!がん治療のため亀田総合病院で過ごした半年以来5年近く続いた「腹八分目習慣」に慣れた胃袋はビックリ!!

 

帰りに駅のトイレに駆け込み、帰宅後、胃薬のお世話になった今日のBIGTOEでした。

今日は大阪城公園 太陽の広場で開催された「大阪城プロレス」イベントに出かけてきました。

Kuise20220410018s
 

Kuise20220410012s
(※えべっさん・・・は、同じジムで鍛えた仲間。好きなプロレスで世の中を笑顔にしています。)

Kuise20220410015s
(※大阪ベンチ野郎 岩崎さんと遭遇!!長年、公式ベンチプレス大会で200kg以上を挙げ続けた猛者です。)

思い返せば、亀田病院を退院して関西に戻るとまもなく、得体のしれない新型コロナに世界中が翻弄されはじめ2年余りが経過しました。ここに来てようやく世間も、新型コロナは、感染力は強いものの季節性インフルエンザ並の風邪という流れになってきたようです。

 

私も例にもれず、「がんサバイバー」であるうえに、リスクを伴うワクチン接種をしていないので、基本的な感染対策の一環として長期にわたり店舗内での飲み会、イベントから遠のいていました。


 

今日の大阪城は真夏のような陽気で、会場への入場の列は途切れることなく続き、たくさんの出店が軒を連ね、2年以上に及ぶコロナ騒動など無かったかのような盛り上がりでした。その中でも日本人気質というかほとんどの人がマスクをしていたのは流石?です()

ゼウス社長率いる大阪を日本を笑顔にする「大阪プロレス夏の陣」。今後の活動、躍進が楽しみです。
Kuise20220410005s

Kuise20220410008s
(※かつては同じミスター大阪のステージで戦い、私のがん切除手術の際は「僕ならどんな障害が残ろうと生きて、その体で奇跡を起こします」と背中を押してくれました。今があるのは、その言葉があったからです。)

『BIGTOEの筋肉物語』レビュー「紫外線の害」

桜の季節が過ぎれば、太陽の季節の到来です。かつては日焼けした褐色の肌、可愛い女性の小麦色の肌がもてはやされたり、顔黒などが流行った時代もありましたが、今では日焼けは、シミ、そばかす、しわ、紫外線老化の原因になるだけでなく、遺伝子が傷つきがんの原因にもなるため「百害あって一利なし」と言われています。その紫外線についての「BIGTOEの筋肉物語」(2008年)の記事レビューです。


【紫外線の害】

Ultraviolet Rays

ボディビルコンテストでは、バランスのとれた筋肉の発達、プロポーション、デイフィニッション、セパレーション、シンメトリー、ポージングによる自己表現によって評価されるのですが、フィギア競技であるゆえ肌の色も勝負を左右する重要な要素となります。肌が白いよりは黒いほうが精悍に見えますし同じ仕上がりであれば肌が黒いほうが引き締まってよく見えるからです。


男性なら褐色の肌、女性なら小麦色の肌が健康的ともてはやされ、日光浴はビタミンDの生成にも欠かせないといわれた時代もありました。しかし、紫外線の害が叫ばれ始めた現在、紫外線はしみ、しわを作り老化を促進するだけでなく、遺伝子に傷をつけ皮膚ガンの原因となることがあきらかになってきました。そこで日焼けについて考えてみたいと思います。


≪ひやけとは何ぞや?≫

ひやけは、紫外線とくにUVBを多量に浴びることによりおこり、日光照射後、数時間で赤くなりひりひりしだします。一種のヤケドです。ひどいものでは皮膚が腫れ、突っ張り、水ぶくれができます。


日焼け止めの使用、直射日光を避けるなど予防が第一ですが、日焼けをしてしまった場合、早めのケア、ひどいひやけの場合は、皮膚科に行ったほうが賢明です。外用薬はひやけの炎症を抑える副腎皮質ステロイド剤の外用が有効です。


≪紫外線の種類≫

紫外線は、波長の長い順に、UVAUVBUVCの三つに分類されます。しかし、大気のオゾン層がUVBの大部分とUVCをカットしますので、地上に届く紫外線は、UVA(約九割)と、UVB(約一割)だけになります。


●UVAを浴びると・・・

UVAは波長が長く、皮ふ内に深く入り込む性質があります。


肌が黒くなり、気づかないうちに元に戻る(即時型黒化)、老化を促して、肌のシミ・シワ・たるみをつくる、それだけでなく目の水晶体を害して白内障の原因にもなるのです。


●UVBを浴びすぎると・・・

肌の皮がむけるサンバーン、こんがり焼けるサンタンなど、いわゆる日焼けの原因となるのは、UVBです。

細胞内の遺伝子であるDNAが損傷を受け、皮ふがんになる危険も増します。また全身の免疫力が低下する恐れもあるのです。


皮ふに含まれるメラニンには、紫外線を防ぐ働きがありますメラニン色素が乏しい白人は、有色人種に比べて、皮ふがんが発生しやすいとされています。


●紫外線の害を防ぐには・・・

紫外線の照射量は、冬は少なく春から多くなり、気候のいい5月、6月にピークに達します。涼しいからといって長時間、日光を浴びているとその時には気付来ませんが、あとでひどい目にあいますので要注意です。


紫外線の強さは、午前10時から午後2時くらいが1日のうちでも最も強く、なるべく外出を避けるのが紫外線対策としては賢明です。また、標高が高い山や、反射のきつい海では浴びる紫外線の量が増えますから特に注意しましょう。


帽子、日傘、長抽のシャツなどで直射日光を防ぎましょう。肌に市販のUVカット化粧品やサンスクリーン剤を塗るのもいいでしょう。


●日常生活の紫外線

UVAは波長が長く、くもりの日でも、窓ガラス越しでも通過して皮膚の奥まで届きます。ゆっくりと真皮の弾力線維に影響を与え皮膚の老化を早めます。


UVBは雨や曇りの日などは量が少なく、晴れた夏には急激な炎症を引き起こす事があります。たまに行く海よりも、日常生活の中で内在型炎症を繰り返し蓄積する方が恐いのです。


●出来てしまった しみ・そばかすには・・・

紫外線を浴びすぎると、しみ・そばかすなどの色素沈着による症状が起こりやすくなるだけでなく、皮膚の老化(しわ)や皮膚ガンなどの原因になります。


しみ・そばかすなどにはL-システインとビタミンCを配合した治療薬が有効といわれています。


L-システインは皮膚の新陳代謝を促進してメラニンの排泄を促進します。


ビタミンCとL-システインが協力してメラニンを還元し無色化するとともにメラニンの生成を抑制します。パントテン酸カルシウムとオロチン酸はビタミンCの働きを助けます。


子供の皮膚は強い日焼けで皮がめくれて水ぶくれができてもやがて回復し、18歳頃までは紫外線による老化、シミ、シワはほとんど見られません。


しかし、子供の頃に強い日焼けをした人は、しなかった人に比べて皮膚の前癌症(日光角化症)の有病率が高いそうです。子供の頃からの遮光対策が大切です。皮膚癌やシミ、シワなど、皮膚の光老化も子供の頃からの習慣病といえます。


しかし、実際にはL-システインもビタミンCも出来てしまったシミ、そばかすを治す効果はほとんど期待できないと思います。テレビ出演している女性タレントでもシミ、そばかすがある方を見かけますが、シミ取りが可能なら商売柄お金をかなりかけてでも取れると思うのです。増やさない、予防という意味では効果があるかもしれませんが。


●紫外線は皮膚にとって良くないのか?

紫外線が皮膚の内部に侵入すると、表皮細胞の内外に活性酸素(フリーラジカル)を発生させ、核の中にあるDNAを傷つけます


その結果、細胞の働きが異常をきたし、シミ・ソバカス、肌あれ、しわ・たるみなどの皮膚の老化を促進させ、長時間におよぶと皮膚癌を発生させる場合があります。


●日焼けや日光浴は健康のために必要?

結論を言うと健康の為に日光浴をする必要はまったくないそうです。


日焼けで皮膚が褐色になるのは、紫外線の刺激で表皮中に、メラニン(人間の皮膚の色を決める色素細胞)が大量に作られるためです。


●日焼けを繰り返すと・・・・・

・シミやシワが増える。

 

・紫外線が皮膚細胞の核内にある遺伝子を傷つける。

 

・強い日焼けで大量の傷ができると、十分に修復されなかったり、細胞が突然変異を起こして、癌になる可能性が高まる。


子供が屋外で思い切り遊ぶのは心身の成長に必要ですが、長時間日光を浴びる場合には、長袖を着たり、日焼け止めを塗るなどの紫外線対策が必要です。


※紫外線の影響は、個人差があります。色白で日焼けをすると赤くなりやすい人ほど注意が必要です。


※若い肌を保つためには、日焼けは百害あって一利なしです。


●日焼け予防に関しての注意点

 

【皮膚の老化】

・年齢による老化

・光老化

・紫外線を浴びた量に応じて皮膚に生じてくる変化。

(シミ、ソバカス、皮膚の深いシワ、皮膚癌など。)


※皮膚の老化は生まれてから浴びた紫外線の総量が光老化に関係します。


※20歳を過ぎてから強い日焼けをするとシミが残るといわれますが、実際には幼小児期から紫外線を避ける習慣を身につけることが重要です。


《紫外線が原因でできたシミやソバカスなどに対して良い治療法は?》

ソバカスや老人性色素斑などは、お金をかければ、最新鋭のレーザー装置で比較的きれいに取れます。レーザー治療で取れないシミ(肝斑)は内服薬等で治療可能です。



以上のようなことから


◎ボディビルコンテストでの日焼けは、選手の皮膚の老化、シミ、そばかすの増加を促進して、ひどければ蓄積された紫外線によりDNAが傷つき皮膚ガンになる可能性が大きくなることから推奨できません。


※もちろん、これは日本人のなかでも、生まれつきメラニンが多くて紫外線に対する耐性が強い人(日焼けしても赤くならずすぐに黒くなる人)、と生まれつきメラニンが少なく紫外線に対する耐性が弱い人(日焼けするとすぐに赤くなりひどい場合には水ぶくれができ、時間の経過とともに色が白く戻るタイプの人)でかなりの差があります。


◎メラニンの少ない色白タイプの人はいくらゆっくり時間とお金をかけて焼いてもメラニンの多い色黒タイプの人のような体質にはなりません。


◎ボディビル自体は、個人、個人の体力に合わせたトレーニングを実施することにより誰でもより強く健康な体になれるスポーツであることを確信して推奨しますが、競技スポーツとして肌を焼くという行為は決してお勧めできません。


特に女性なら誰しもシミ、皴になることなんてしたくないでしょう。私が若い頃にジムに素晴らしいプロポーションと筋肉を持っている女性会員さんが居ました。コンテストには出ないというので「なぜ?」と聞いてみると「焼くと歳をとってからお肌トラブルが出るから」と仰っていました。「なるほど。その通りだな。きっと、今も美貌を保っているのだろうな。」と思うこの頃です。それ以来、親しい女子選手には「日焼けは最低限にした方がいいよ。あとで後悔するよ。」と伝えています。


これは、私自身、色白タイプだったことからの経験からの提言です。


コンテストでは、今(2008年)現在、日本選手権、日本クラス別選手権といった全国レベルのコンテスト、世界大会ではカラーリングと言って皮膚に色をつける指定のクリームの使用が許されていますが、地方コンテストでは会場が汚れるとの理由から禁止されています。

つまり、ほとんどの選手たちが紫外線を浴びる危険性にさらされていることになります。


カラーリングの許可(会場を汚さないための工夫、各選手のモラルが不可欠です。)、ライティングの工夫(今のコンテストステージのライティングは非常に明るいので色白の人が死ぬほど焼いて出ても白く見えます。私なども死ぬほど焼いても「白いね。もっと焼かないと。」と言われました。)などで選手の健康面への配慮が必要と考えますがいかがでしょうか。


ウエイトトレーニングが広く一般の人々の健康・生涯スポーツとして普及し、ボディビルが競技スポーツとして広く一般の人々の受け入れられメジャーなスポーツになることを願っているものとしての提言です。

​​​​​​​

※2022年現在、カラーリングの技術も進化してきています。タツーも隠すことが出来、従来のセルフタンニングと比してとれにくいものが普及しボディビル連盟公認品が出ています。お金はかかりますが、健康の為には良いでしょう。



http://venus-eri.com/

今週に入り一気に春めいてきました。「月曜から夜更かし」ならぬ「月曜早朝から公園めぐり」の週でした。

 

《月曜日》

この日は自宅で下半身トレ。今週はスローブルガリアンスクワットとカーフレイズです。

途中、何故か右足の指が攣り最終セットは断念。カリウムはとれていると思うのだけれど・・・なにか栄養が足りていない???

 

《火曜日》

『今福公園』

このあたりはとても公園が多くて自宅から徒歩10分圏内に知っているだけで10か所以上あります。ここはその中でも最も広いかもしれません。桜の木もたくさん植えられており今週は満開。宴会には最適の公園です。この公園でどんな筋トレが出来そうか考えながらプッシュアップを中心に楽しみました。太極拳を行なう老人、遊具でぶら下がる老人、ウオーキングをする老婆。そして「筋トレマニアの老人!!」ハイ、私です!!

春の早朝の公園は老人天国です!!

 Kuise20220405013GIF

《水曜日》

『長洲公園』

ここも鉄棒、ログジムと遊具が豊富で筋トレの材料には事欠きません。この日はパラレルグリップチンニングをメインに楽しみました。

Kuise20220406043GIF
 

《木曜日》

自宅から最も近い『常光寺南公園』。ここにある吊り輪、チンニング、ディップスが可能な遊具はやはり一番!!この日はチェーンタイヤを使ってのトライセップスイクステンションを中心に実施です。

Kuise20220407003
 

については、ここのところもっぱらハンギングレッグレイズ。握力と腹筋のどちらが先にへたるかの戦いです。

Kuise20220408005s
 

そして、そして、午後は、SATOさんと今春2度目の桜を見ながらの「公園筋肉MTG。大人の飲み物+からあげ、アジフライ、ナッツ、フライドポテト、おにぎりなどを持ち寄ってのMTGの議題は、今回は怒りを胸に「終わりが見えないロシアのウクライナ侵攻」に終始しました。

Kuise20220407012s
 

現代の戦争は情報戦と言いますが、民間のメディアは排除されたロシア国内では、高齢者を中心に多くのロシア人はプー珍によって言論統制された国営放送しか見ないようだし、それを鵜呑みにして疑わないようです。プー珍支持率83%と言うのも頷けますね。そして、都合の悪いことはすべて「フェイクニュース」でかたずけられます。

「過ぎたるは及ばざるがごとし」といいますが、科学技術の進歩しすぎも考え物です。一昔前なら、写真、音声、動画があれば信憑性が高いとされましたが、今はフェイク動画すら容易に製作が可能なため何を信じていいのかわかりません。

 

まさに「正直者は馬鹿を見る」「きつねとタヌキの騙し合い」、「やったもの勝ち」が現実のようです。

 

私たちが子供のころから親に教えられてきた「嘘をついてはいけません」、「正義」、「フェアプレイ」、「暴力はいけません」、「弱い者いじめはいけません」などの教えは屁のツッパリにもならないということになってしまいます。

 

他国に武力攻撃で攻め込んだのはロシアです。戦場になっているのはウクライナです。罪のない民間人が大量虐殺されているのはウクライナです。1日も早い戦争の収束を願います。そして、戦争犯罪人は厳罰に処すべきです。

Putin20220320002
 

ロシアの西の隣国はウクライナ、東の隣国は日本です。地図を見れば北海道の目と鼻の先がロシアです。プー珍は北方領土を本当に返してくれるなどと安倍さんは思っていたのでしょうか?中国も香港、台湾とともに尖閣を虎視眈々と狙っています。北朝鮮の正恩坊やは「僕も相手にしてくれ!」と頻繁に日本海に向けてミサイルを発射しています。日本もいつウクライナのようになるかわからないのです。「歴史は繰り返す」と言います。「第3次世界大戦」勃発も強ち絵空事ではないようです。

 

がんサバイバーである私は日々「明日は、1年後は無いかもしれない。」と思って生きていますが、健康でも誰にでも言えることと改めて思いました。

 

こうして青空と満開の桜の元で気の合った仲間と「筋肉MTGが出来ることは幸せです。

【ウエイトトレーニング(筋トレ)のススメ】

皆さんはウエイトトレーニング(筋トレ)を特殊な一部の人たちが行なう特別なものと考えていませんか。

ウエイトトレーニングといえば、多くの人はウエイトリフティング、パワーリフティング、ボディビルを想像されると思います。

 

ウエイトリフティングは何キロのバーベルを頭上に持ち上げられるかをスナッチとジャークの合計で競い、パワーリフティングは、ベンチプレス、スクワット、デッドリフトの3種目の合計で競うスポーツです。ボディビルは文字通り体造り、全身の筋肉をむらなく、バランスよく鍛えて、その成果をポージングで表現する芸術的な要素を含んだスポーツで、バルク(筋量)・ディフィニション(皮下脂肪が少ない様子、キレ)・ポージング(表現力)・マナーなどが審査基準に基づいて審査されます。

 

しかし、今日ではこれらの競技としてだけではなく、他のスポーツの補強、体力増強、健康維持、美容に対する有効性が認められ、これらを目的として行われるウエイトトレーニングがエアロビクスとともWeightTraingNoSusume
に盛んに行なわれるようになってきています。

 

スポーツの補強としては、以前はウエイトトレーニングをすると、体が硬くなる、スピードが落ちる、大胸筋が発達しすぎてバットスイングが鈍くなる、はては泳ぐと沈むといった誤った考えから、日本では敬遠される向きがありましたが、今では格闘技、水泳、陸上、野球といったあらゆるスポーツの基礎体力造り、パワーアップにウエイトトレーニングを取り入れるのは常識となっています。特に欧米人に比べて遺伝的に体格、体力面において劣る日本人にとっては不可欠と言っても言い過ぎではありません。

もちろん、一般の人達の体力造り、健康造り、リハビリ、美容に対しても、それぞれの目的に合ったトレーニングをすることで合理的に大きな成果をあげることができるのです。

 

さあ、皆さん。トレーニングを始めましょう!! Let's begin!!

sBigtoeShinka002
 

(※胃腸が弱くやせっぽちだったBIGTOEの筋トレによる変化)

 

【強者になりたいと思っている君へ】

「健全な肉体に健全な魂が宿る。」力に余裕があってこそ心にも余裕ができ弱者をいたわる気持ちが育ちます。ギリギリでせっぱ詰まっていると、我を通そうとなりふりかまわず必死になるのです。

 

力をつけると共に、プライドと弱者へのいたわりの心を持つように心がけましょう。つまらぬ事にムキになる必要などないのです。

「弱い犬ほどよく吠える」は全くみっともないですよ。吠えれば吠えるほど自分の弱さ、愚かさをさらしているようなものです。

 

よくちょっと強くなったら、大きくなったらそれを弱者へ向けたり、誇示したりする人がいます。気持ちはわからないではないですが、そういう人はプライドを持ってないのではないでしょうか。ボクサー、格闘家ならリングで、リフター、ビルダーなら競技会場、ステージで勝負を競うのが常道。素人相手に勝っても自慢にはなりません。むしろハジです。

 

ボクサーはボクサーの、格闘家は格闘家の、リフターはリフターの、ビルダーはビルダーのプライドを、持ってこそ本物に近づいていくのでしょう。

逆もまた真なり、「本当に健全な肉体は健全な魂があってこそ完成される」と思います。

 s1995MrOsaka1995TakemuraToeNatsukawa

2022年追記】健康に生きる為に!!

2017年、私に悲劇が起こりました。長引く喉の違和感から病院で検査を受けるとまさかの「ステージⅣの気管腺様嚢胞癌」。治療の可能性は癌が浸潤している喉頭部を声帯、甲状腺を含めて全摘、癌とともに気管のほとんどを切除し気管孔制作するという命がけの手術のみ。

熟慮の末、現実を受け入れ、生きる為の手術を受けました。そのために、手術、その後のリハビリ、放射線治療などでの半年に及ぶ入院生活を余儀なくされたのですが、長年筋トレで培った体力(いわゆる筋肉貯金)と経験がものをいい、効率よくリハビリを進め回復を早めることが出来ました。また、「マッスルメモリー」と言って、一度、発達させた筋肉はそれを覚えていてトレーニングを再開すると短時間でもとに戻すことが出来るのです。

医師から「筋トレは難しい」と言われたにもかかわらず、退院後も出来る筋トレを再開することで15㎏減った体重も8割がたもどり、「免疫力」も高く保てているためか、コロナウイルスが猛威を振るっている中でも風邪ひとつひくこともなく過ごせています。

これも筋トレで養った筋肉、体力、免疫力があったかでしょう。

 

今は健康な皆さんも生きていればいつか病に見舞われます。今は若い人も必ず歳を取ります。来るべきピンチに備えて普段からウエイトトレーニングを習慣化することで「生きるパワー」を身に着けておくべきだと私は思います。

 sHospitalTraining2017

(※亀田総合病院入院中のリハビリルームでの筋トレ。トライの中川さんが病室で出来る筋トレグッズを持ってきてくださいました。筋トレ大手術、放射線からの回復に一役買いました。)

「トライ体幹理論のブログ」

https://ameblo.jp/try-senyu/

↑このページのトップヘ